音楽とか、考え事とか

日々考えたことを書いています。

FMがAM化してる

かれこれ20年以上、仕事をしながら「FM802(以下802)」を聴いてるのですが

funky802.comそうやって長く聴いていると時代の変化をヒシヒシと感じるんですよねー

 

特に感じるのが広告費の減少による変化です

 

ラジオ番組はスポンサーの広告費でなりたっていますが、どの企業も経費削減で広告費を縮小させる中、それまではおそらく避けてきたであろう「パチンコ」「消費者金融」「創価学会」などのCMがバンバン流れるようになりました(これはテレビも同じですね)

どの業界がカネを持っているのか?が非常にわかりやすいですね、現在は弁護士事務所による「過払い金請求 」のCMが最も多いように思います(あとは結婚、引越し、車買取の比較サイトなど)

 

※この過払い請求のCMはかなり面白いのでそのうちエントリに書きます

 

それ以外にも、番組と番組の間に数分程度の「通販番組」を挟むようになったり、番組内でも「ラジオショッピング」をするようになり、現在は「番組内通販」が完全に定着しています

いつも親しんでいるDJさんが商品に大げさに驚いたりするのを聴いて、最初は敗北感がありましたがこれも時代の流れだから仕方ありませんね

 

番組内で流す曲にも変化を感じます

 

番組で流す曲は ①レコード会社の広告費枠の曲 ②今ヒットしている曲 ③自主イベントに出演するアーティストの曲 ④純粋に流したい曲 があると思うんです

①は番組予算に関わることだから必須 ②はこれをかけないと大衆性を失うのでやはり必須 ③は局や番組が主催するイベントに誘導するため、これは楽しいのかも? ④はディレクターさんやDJさんが純粋にかけたい曲で、これがしたくて「この仕事を選んだ」レベルの大事なやりがいのはずです

 

この④の比率が他に圧迫されているように感じるんです

まさに「やるべき事とやりたい事の両立は難しい」ってやつです

 

※ 以前にも書いています

rikutukoneo.hatenablog.com

「やるべき事」の中にどう「やりたい事」を入れ込んでいくのか?とも言いかえられます

 

ラジオショッピングがしたくてFMラジオのDJを目指す人なんているはずがありませんし、ヒット曲を流すなんてどの番組でもやっていることです

そうではなく「素晴らしいのに認知度の低い曲」「まだ誰も知らないバンド」などをかけて、自分がいいと思う曲を発信してそのセンスに共感してもらいファンを増やすのが目的のはずなんです

 

でもこれがなかなか難しいんでしょうねー

もしぼくが大金持ちなら予算の全てを出して「好きなようにやっていいよ」といってあげたい

 

そんなことを考えていると、募金するような感覚で億単位のカネを出せる人と、音楽業界のシガラミに一切関知しない番組スタッフとDJさんがいないと、本当に純粋で「やりたいことしかしない番組」は作れないのかもしれません

 

もちろんDJさんのトークは相変わらず面白いんです

でもトークが「楽しみのメイン」ならAMとたいして変わりませんし、それじゃDJじゃなくパーソナリティです

 

そうではなく「新しい音楽との出会い」を求めているからFMを聴いてるんですよね

思えば802を聴いていて「これいい!」という音楽に出会うことがホントに少なくなりました

まあ、ぼく自身のストライクゾーンが異常に狭いこと、好きな ロックが世界的に下火になってること、少し前まではヒップホップやEDMが幅を利かせていたことも大きく関係しているとは思うんですが、やはり寂しいですよねー(ここからは80~90年代リバイバル旋風が吹き荒れそうな予感です)

 

ちなみに上記のようなモヤモヤを感じて「FM大阪」を聴いてみたこともあるのですが、こちらは完全にAM化しており、トークの感じや通販の多さなどとてもFMとは思えない雰囲気でした

 

802はそんな中でも踏ん張ってくれているんだなー、ということを改めて感じました

感謝感謝、ガンバレ!802!!

 

これからも応援しています

 

ではでは

 

funky802.com