音楽とか、考え事とか

日々考えたことを書いています。

やっぱりキライ、フェスで遭遇するサークル

年末、と言っても先週の話なんですが大阪でやっているロック大忘年会「RADIO CRAZY」に行ってきました

2日間どっぷりとロックに浸ることが出来てサイコーでした、やっぱフェスって楽しいです

 

今年はチケット入手が異常に困難でそれについても思うところがあるのですが、何より思ったのが「やっぱサークルはウザい」ってことです

 

サークルについては以前に書いてますのでよければどうぞ

rikutukoneo.hatenablog.com

 

今回も気持よくライブを見ている僕のすぐ前で発生してものすごくウザかったです

 

幸い、その時に観ていたバンドは「ものすごく好き!」って程でもなかったので、ちょっとそのサークルを観察してみることにしました

(回る方じゃなくて輪になって広がる方です)

 

サークルはまず仕掛けるヤツらが居て、それに呼応して参加するヤツらがいて成り立っています

その「仕掛けるヤツら」をしばらく観察してみたんですが、その顔はまるでチームに指示を飛ばすキャプテンのような表情で「自分たちがサークルを作るんだ」という使命感に燃えているようにも感じました

 

・・・ちょっと笑えました

 

自分たちが作ったわけでもない「盛り上がり」に乗っかって、感性の合いやすいノリだけで呼応する「同年代の若者同士」で、とくに困難を伴うわけでもない「人の輪を作る」という行為を先導したぐらいで・・

 

リーダーシップを発揮したような顔で悦に浸っているのが、なかなかに痛い感じでした

 

日常生活ではそういった達成感を味わえないんでしょうねー

成人式を邪魔するヤカラとちょっと似ているのかもしれません

 

サークルの発生を見ていると大体、20代前半ぐらいの男性2~3人が仕掛けてることが多いみたいです

2~3人で両手を広げて周りの人を押し広げる過程でそこにいる人と手を繋ぎ、その人たちも同じ動作をしながらなるべく大きな輪を作ろうとします

 

ちなみにこれは参加する人数が増えれば増えるほど輪が大きくなりますが、僕のように参加しない人間が「押してくる背中に肘打ち」をかましたりすると、その場所はそれ以上広がれずに輪がいびつな形になって、勢いがなくなり止まってしまうようです

 

はい、肘打ちしてますよ、だってウザいんだもん

 

僕の後ろにも当然ギュウギュウに人がいるのでサークルに参加してもしなくても、そのまま受け入れると僕自身も周りの人を押しのける一員になってしまいます

 

だから男も女も関係ありません、僕のところまでサークルが広がってきた際には断腸の思いで背中に肘打ちを入れています

 

それで喧嘩になったりすることは今のところ一度もありません

「自分たちは興奮を言い訳にして周りに迷惑をかけている」ことを理解したうえでサークルを作っているから引け目があるんでしょう

 

「肘打されてよ~」「え~、サイアク~」みたいに後で言い合う程度じゃないかな

 

肘打ちをしたのがサークルを仕掛けた最初の2~3人だと揉め事になるのかもしれませんが、呼応して参加する人間の心理なんてそんなもんです

もしサークルが原因で将棋倒しになったとしても「いや、オレが先導したわけじゃないし・・」とか言いだしそう

 

長々となりましたが言いたいのは「やっぱウザい」ってことです

これからも長いものに巻かれることなく肘打ちをかましていこうと思います

 

ではでは