音楽とか、考え事とか

日々考えたことを書いています。

PK(ピーケイ)は「宗教とはなにか?」に即答できない人にオススメの映画

「宗教とはなにか?」と質問されたとして、簡潔に即答できるでしょうか?

「神様を信じること」なんてキレイ事しか浮かんでこない人には、こちらの映画がオススメです

PK ピーケイ [DVD]

PK ピーケイ [DVD]

 

インド映画なので上映時間がちょっと(かなり?)長いのですが、テンポのいいコメディで宗教を徹底的にこき下ろしている作品でめちゃめちゃ面白いです、大笑いします

 

日本ならいざしらず、多民族、多宗教国家のインドでよくこんな作品を発表できたもんですね

怖くないのかな?監督も俳優もその勇気に感服します

 

おバカな感じで物語は進みますがそのテーマは本質的なことで、見終わったあとには「宗教とはなんなのか?」を文章化できるレベルで理解できると思います

 

今まで「そんなこと考えたことがない」という人はきっと目からウロコですよ

 

特に日本人は宗教に関心がない人が多いイメージですよね

冒頭に書いた「宗教とは神様を信じること」もぼく自身がなんとなく思っていたことです

でもそれは「信仰心」のことですので宗教とは全くの別モノ、それら2つをごちゃ混ぜにして本質を見失っていただけなんですね

 

得てして宗教団体側は「意図的に」混乱させようとしてきます

そうやって本質から目をそらせようとしているんですが「それはなぜなのか?」彼らの目的をよーく考えてみましょう

 

でもそうやってハグラカサレルのは別に「騙されている」わけではなく、単に思考が足りていないだけです

よく考えればこの2つが別のものであることはすぐにわかりますので、ようは「本気で考えるかどうか?」ってのが大事なんですね

 

ぼくはこれまで宗教に対して曖昧なイメージしか持っていなかったのが、この映画を見てものすごくクリアになり、自分なりに本質を掴むことができました

 

また違う意見で「宗教は拠り所」と答えた人もいましたが、これも同じように混同しているだけで、「神」という絶対的なものを「信仰すること」が心の拠り所になっているんですね

けっして「宗教そのもの」に癒やされているわけではないので注意しましょう

 

なら宗教とはなんなのか?

 

それは作品を見てください、明確に答えが描かれています

 

 

さらにこの映画の面白さはそれだけにとどまりません

インド映画は私たちが普段よく目にしているハリウッド映画や邦画とは全くの異質で「お約束」が通じず次の展開がまったく読めないんです

 

これが新鮮でものすごくたのしい!

 

例えば男女が出会ってお付き合いが始まるとします

そんなときハリウッド映画なら軽快なBGMが流れて、デートシーン、食事のシーン、じゃれ合っているシーンなどがフラッシュのように短く次々に映し出され「こんな風に二人は愛を深めていった」という演出になりますね

 

でもインド映画は違います

 

フラッシュのように次々シーンが変わっていくのは同じなのですが、BGMはそのカップル二人の歌声なんです

シーンに沿った愛を歌う歌詞で、二人がそれぞれのパートに分かれて朗々と歌い上げながら進んでいきます

他にも突然フラッシュモブのように大勢で踊りだしたりするし、ミュージカルの要素がふんだんに盛り込まれているんですね

 

他にも「いい違和感」を随所に感じて新鮮な驚きにあふれていますので、ぜひ何の検索もせずにまっさらなキモチで見てほしい!

見終わったときには本当の意味でこのことを理解していただけると思います

 

さて、 インド映画は上映時間が長いことで有名ですが、こちらの映画もやはり153分もあります

 

長っ!

 

でも中ダレすることもなくテンポよく物語が展開していき、退屈に感じることはまずありません

たださすがにトイレ休憩は取りたくなりますが、そこはさすがのインド映画!

中盤あたりで画面に「引き続きお楽しみください」というテロップが出るんです

 

そんな映画見たことあります??

 

そのタイミングでトイレに行けばバッチリです、もしかするとインドの映画館ではこのタイミングで休憩を挟んで2部構成にいるのかもしれませんね

 

長くなりましたのでまとめると

 

宗教に対する本質的な答えを描いており、斬新な演出で新鮮な驚きに溢れ、上映時間の長さを考慮して休憩タイミングまで配慮してくれている映画です

 

見終わったあとにはいろいろと思考が回りだすハズですので、ゆっくり時間のあるときにはオススメですよ

 

ではでは

PK ピーケイ [Blu-ray]

PK ピーケイ [Blu-ray]