音楽とか、考え事とか

日々考えたことを書いています。

M-1の感想ですが、感性が古くなっていることを認めよう!

先日M-1グランプリが久しぶりに復活していましたね

(漫才日本一を決める大会です)

 

録画予約ををすっかり忘れていたので、後からyoutubeで優勝されたコンビのネタを拝見しました

正直な感想は「まあ面白いけどこれが日本一なの?」といったところで、全くつまらないことはないんだけど笑いすぎて涙が出たりはしないなー、といった感じ

 

んでここからが大事なのですが

 

こういう経験をするとすぐに

 

「最近のお笑いはレベルが低い」とか

「○○(有名なコンビ)を模倣してアレンジしてるだけ」とか

「アレなら××(好きなコンビ)のほうがずっと面白い」なんて

 

言いがちじゃありませんか?

 

僕も思わず同じような言葉が頭をよぎりましたが「違う違う」となんとか踏みとどまることが出来ました

 

ああよかった

 

上記のようなことを感じるようなら、もう「感性が古くなってる」と思ったほうがいいです 

そしてそれを声高に叫ぶのはすごくかっこ悪い、気をつけましょう

 

 

僕の世代は思春期にダウンタウンが夕方に番組をやっていて、そのまま躍進して天下を取った時代です

お笑い自体がブームになりいろんなネタ番組がテレビでやっていました「爆笑オンエアバトル」などはよく観てたのを覚えています

 

でもおそらくその当時の「笑い」も、40~50代ぐらいの人からは支持されてなかったんじゃないでしょうか?

 

それぐらいの世代が多感な時期に見て笑っていたのは「ガチョーン」とか「なんだばかやろう」などの一発ギャグ系で「出るぞ、いつものやつが出るぞ・・・出たーー」という笑いだったはずです(たぶん)

 

だからダウンタウンのように「視点の妙」で笑いを取るのはいまいち理解できなかったんだと思います

「若者は笑っているのに中年は首を傾げている」今まさに僕が体験しているのと同じ現象ですね

 

そんなときに自分より若い世代を叩いても見苦しいだけなので、自分の感性が古くなったことを潔く認めましょう

最先端が理解できないと不安になる気持ちはわかりますが、それが歳を取るってことですよきっと

 

「ごめん、全然わからん」これでいいんじゃないですか

 

ではでは