読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理屈こねおの理屈をこねるブログ

日々考えたことをこねくり回して書いています。

意識の方向は外向き?内向き?

録画してた近未来予想の番組を見てちょっと思ったことを書きます

 

故人が残したメール、画像、動画なんかの膨大なデータをAI(人工知能)に覚えさせて

コンピューター上にその人を再現する

 

っていう試みがすごく興味深かったです

 

もちろんそれだけだといくらデータが多くてもその人に近づけるには限界がある

 

だから

 

ある程度データを入力したら今度は近しい人、例えば家族とかとコミュニケーションを重ねることで

AIが自分自身で学習してどんどんその人の思考とか価値観に近づいていくんです

 

これをずっと続けていくと限りなくその故人に近づいていき

それがその人の分身であるとしてずっと一緒に暮らしていけるかもね

 

っていう感じでした

 

でもこれ、いろいろ問題も思い浮かんだんです

 

例えば

 

その近しい人が亡くなったらAIをどうするのか?

 

そのままにするのか、消去するのか

その際にAI自身の人格は認めるのか

あくまでもコンピューターソフトだとするのか

 

とかね

 

まだまだほかにも思うところはあるけど

今日は意識のベクトルについて考えてみます

 

 

その番組を見ていて思ったのは

 

あくまでもその故人に近づけることが最大の目的で

どこまでいっても100%にはならないだろうな、ってことなんです

 

家族ほど近い存在でも「こんな一面もあったんだ」って思うことあるでしょ?

 

 本人がそうした(そう言った)のならただ新たな発見をするだけですが

 それがAIだったら「この人はこんなことを言う人じゃない」「所詮、作り物なのね」ってなりませんか?

 

その故人は生まれたときからその人自身なわけだから

自分らしいかどうか?なんてあまり考えませんよね?

 

つまり「自分」という精神的な塊があるとしたら

自分自身はその塊そのものなので意識はそこから外側に向かってるんです

 

意識のベクトルが「中から外」なんですね

(ちなみに自分と向きあうのは「中からさらに内」です)

 

そこがAIとの最大の違いかなって思いました

 

その人に限りなく近づけようっていう試みはどう考えても「外から」でしょ?

 

周りからの質問にどう答えればその人らしいかを瞬時に考えて

答えたときの周りの反応を取り込んでデータを蓄積して精度を高めていく

 

学習が進めば限りなくその人らしくはなっても

「やっぱなんか違う」ってなりかねないと思うんです

 なぜなら評価するのが人間だからです

 

不安定な人間が評価を下している限りは完璧には届かない気がする

 

んじゃ、それもAIが評価すればいいのかな?

でもそれがなんのためにやってるのかわからなくなってしまいそうです

 

この番組を見て瞬時に頭の中でリンクしたのは先日観た映画です

AIとはまったく関係のない「オカンの嫁入り」っていう映画なんですけどね

 

母子家庭のオカンが大竹しのぶさんで娘が宮崎あおいさん

 

何かワケアリの娘をよそにある日突然オカンがが若い男を連れてきて

「結婚することにした!」とか言い出して周りは「ええええっ!?」ってなって

ぶつかり合いながらわかりあっていく

 

っていう映画です

ま、興味があったら観てください

 

関西が舞台で主役のお2人以外は全員関西出身なんです

 

大竹さんも宮崎さんもそれこそ関西弁を猛特訓したんでしょう

イントネーションは完璧でした

 

関西で数十年暮らしてる「関西ネイティブ」」の僕から観ても

気持ち悪いイントネーションはいっさいありませんでした

 

いやすごいことですよ、これ

 

ワンテイク終わるたびに皆さんでモニターを睨んで

関西弁を入念にチェックされていたそうですね

 

完璧なイントネーションでした

 

でも

 

宮崎あおいさんは関西ネイティブじゃないなって観ていてハッキリとわかりました

宮崎あおいさんという女優さんを知ってるから、ってことではありません

 

別の知らない人だったとしてもセリフを聞いているとわかる

っていう話です

 

イントネーションは完璧なのになぜでしょう?

 

ああ、やっと繋がる

そう、意識のベクトルの話です

 

たぶんプロ意識がすごく高くて一切の妥協を許さずにあのクオリティに仕上げたんだと思います

さすがはあの世代を代表する女優さんです

 

でも映画を観ているとひしひしと感じるのは

「意識が関西弁に向かっている」っていうことなんです

 

もっと上手に!もっと自然に!

そう意識してるのがビンビン伝わってくるんです

 

意識が自分の中、関西弁という塊の中に向かっているんです

 

ネイティブって違いますよね

 

生まれたときから関西弁に囲まれてその言葉の中でずっと生きてきたわけですから

意識は関西弁の中には向かっていません、むしろ外

 

関西弁の中から外側を見ている感じ

関西弁を通して世界を見ている感じです

 

宮崎さんは物凄いクオリティの関西弁を身に着けましたが

意識のベクトルを「外」に向けるほどの取得度に達するには時間が足りなかった

ってことなんでしょう

 

プロには納期がありますからね

 

とはいえ限られた時間内で「こだわって作った」のが伝わってくる

すごくいい作品だと思います

 

さらに驚愕なのは大竹しのぶさんです

 

意識が完全にネイティブと同じなんです

「中から外」向かってるから超自然

 

イントネーションがちょっと違うところもあるんですけど

実は実際の関西人でもそういう「ちょっと個性のある人」がけっこう居るんです

 

そういう人に見えるからスゴイ!

 

これまでの経験なのかセンスがずば抜けているのか

たぶん両方だと思うんですけど「個性的な関西人」に完全になっていました

 

 さすが日本を代表する女優さんです

 

大竹さんのことを知らずにこの映画を観たら関西ネイティブだと思ってしまうでしょう

それぐらいのクオリティでした

 

意識の向きが違うとこれほど違いが顕著になるのかと

大事なのは経験やスキルをベースにした「意識の方向」なんだと

 

強く感じることのできる作品でした

 

 

AIの話に戻りますが技術の進歩ってホントにワクワクします

 

よく映画とか漫画なんかで

 

AIが進化して人間を敵とみなすようになり人間対機械の戦争が勃発!

 

みたいなのがありますが

 

僕はそうはならないんじゃないかと思っています

かなりボワ~ンとしたイメージですけどね

 

悪いことも起こるかもしれませんが

受ける恩恵のほうが多いんじゃないかな

 

そんな未来が待ち遠しいって強く思いました

 

ではでは