音楽とか、考え事とか

日々考えたことを書いています。

おせちって必要ですか?

正月のおせち料理って好きですか?

 

僕は子供の頃から煮物が大好きなのでバクバク食べていたのですが、けっこう嫌いな人も多いそうですね

 

正月になると食卓に出てくるからなんとなく食べてるけど、多くの人は「大して旨くないな」とか思ってたりするそうです

 

もうそろそろ必要ないのかもしれませんねー

 

おせちってハレの日に「正月ぐらいは贅沢しよう」ってことで、アレコレ料理をお重にいれて「いろんな料理を楽しめる」ようにしたものですよね

 

食べ物がなかった頃は普段の食卓にはあまり料理が並べられずに質素にしていたから、その反動がおせちなんだと思います

 

でも僕のようなアラフォー世代は食べ物に困った経験がありません

好き嫌いをなくすように教育はされたけど「お腹いっぱい食べられない」という経験をしたことがないんです

 

※そういった経験がある方がいらっしゃることは理解していますがここでは僕の経験を元に書いています

 

そんな世代の一般的な感覚でいうとおせちは「なんか煮物がごちゃごちゃ入った正月料理」という感じで、喜ぶポイントが特に無いんですねー

 

まして煮物が嫌いな人は食べるものがなくて困ったりもするでしょう

お雑煮だけ食べてお腹をふくらませる、とかね

 

「普段は貧しいから正月は贅沢をする」というのがいつのまにか「正月はおせちを食べるもの」という文化になり「おせちを食べないと正月気分が味わえない」になったんでしょう

 

それがさらに進んで今はもう「なんでおせちなんか食べるの?」という感覚で「食べてもいいけど美味しくないといらない」になっているんだと思います

 

今は作るものではなく買うものになっていますから、それだったら別に「おせちという形」こだわる必要もないのになーと思います

 

雑煮も食べるんでしょ?

だったら雑煮とあとは唐あげとか刺し身とかそんなんでいいんじゃないの?

 

それでも正月気分は味わえますよ

 

正月気分を味わうためにあまり好きでない料理を食べるのって本末転倒だな~、といつも思ってしまいます(繰り返しますが僕は好きです)

 

それにいくら煮物好きとはいえ入ってる料理が全て美味しいおせちってまずないでしょ?

説明書を見ないと何を食べているのかわからないようなのも多いですよね

 

だったら好きな料理を何品か取り寄せたほうがよっぽど楽しめると思います

おせちって形にこだわるから口に合わないものもセットでついてくるんですよね

 

あともう一つの理由として「三が日は女性は刃物を使ってはいけない」ってのもありますけど、これも「そうでもしないと女性が休める日がないから」でしょ?

 

三が日に料理をせずに済むように年末までに日持ちのする料理を大量に作って

おせちに詰めるんですけど、今は元旦からアチコチのお店が開いていますから外食してもいいし、混んでるのが嫌ならスーパーでいろいろ買ってくればいいんです

 

「決まり」には理由があって、それが時代に合わなくなっているなら決まり自体を変化させるべきだと思います

 

それを「日本の伝統が・・」とかいう頭のカタイ連中は放っておきましょう

やりたいようにやればいい

 

大事なのは新年を祝うことでしょ?

目的を忘れて形にこだわっても意味が無いですよ

 

ではでは