音楽とか、考え事とか

日々考えたことを書いています。

凛として時雨、というバンドの音はココロに突き刺さってくる

凛として時雨、というロックバンドをご存知でしょうか?

 

ウィキコピペでに説明すると

 

凛として時雨(りんとしてしぐれ、Ling tosite sigure)は、男女ツインボーカル日本3ピースロックバンド。所属事務所は、ムーヴィング・オン。所属レコード会社はソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ。略称は主に「時雨」。

 

ということなんだけど

 

何がすごいかというと個人的な見解では(音楽的なことはわかんねッス)

臆病なヤツの心の叫びに周波数がピッタリ合ってるということだと思います

 

ボーカルもギターもその他のすべてが合わさって迫ってくる感じが(便利な言葉だとグルーヴ)

心の叫びに似ているんです

周波数がピッタリあっていてシンクロするんです

 

歌詞がグッと来るバンドは数知れずあると思いますが、音そのものがココロのモヤモヤとピッタリリンクするバンドはそう無いでしょう

 

世の中には自分の意見を、思っていることをうまく話すことが出来ない人がいます

僕もそうです

 

ま、だからこんなブログを書いてるんですけどね

 

そういう僕みたいな人間も言葉を発しないからといって意見がないわけではありません

むしろ外に出さいない分、他に人よりも強い「言いたいこと」があるんですね

 

だから心の中でいつも叫んでいるんです

特に思春期の頃なんか夜ベッドに寝転んだときに「心のわめき」に飲み込まれそうになったりします

 

その「叫び」に周波数がピッタリと合っているのが「凛として時雨の音楽」なんですね

だから、この曲がどうとか、あの歌詞がどうとかっていう断片的なことじゃなくって

凛として時雨の音楽」自体がダイレクトにビンビン伝わってくるんです

 

一音一音がココロに突き刺さってくるんです、そしてシンクロする

 

ピンと張った細い糸のような、切れそうなのに決して切れないような強さがある

そんな緊張感があるんんですよね

 

やかましい音楽なのに(ロックですからね)

聞いてると熱くなりながらどこか落ち着く気がします

 

ココロを鷲掴みってところでしょうか

 

 

ちなみに先日ライブを見に行った時はすぐ後ろの男子2人が終始熱唱していて

ずっと後ろから副音声が聞こえていました

 

お前の歌声を聞きに来たんじゃねーよ

とは思いながら、でも

 

みんな熱くなるんですね~