読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理屈こねおの理屈をこねるブログ

日々考えたことをこねくり回して書いています。

いいものを長く使うか?安物を買い換えていくか?

中途半端な金額のものを買うといろいろ中途半端になってしまいますよね

 

そこそこの金額したのに大して長持ちもせずに

かといって諦めて捨てるにはもったいないなかったり

修理するのも結構かかるからなんとなくそのまま放置したりして

 

そうなりそうなモノって基本的には買わないほうがいいと思うんです

 

例えば靴、紳士靴を例に取ると

 

6000円までの靴を買って修理はせずにどんどん履き替えていくか

15000円以上の靴を買ってメンテナンスをしながら履くか

(どちらも税抜き定価の話です)

 

「6000円までか15000円以上」これがポイントになってきます

 

靴は本来、革で作られており外も中も底も全て革で作るとだいたい2万円ぐらいの商品になります

これの底だけゴムで作ると材料費が抑えられるのでしっかりした造りでも15000円ぐらいで手に入るんですね

 

ゴムのほうが滑りにくくて歩きやすかったりしますし

 

こういう「キチンと造られている」靴を買ってメンテナンスをしっかりしていけば10年単位で履くことが出来て

この方法がもっともお得だと言えると思います

 

反対にどんどん履き替えていくなら上は合皮で底はポリウレタンなどの安価な靴が最適です

6000円以下で量販店とか、時には駅の改札前で売ってたりします

 

長持ちはしませんがダメになるとスパっと諦めて次の靴が買えますから

これも選択肢の一つだと思います

 

問題はその間の6000~15000円の靴です

この辺りの靴、履いてませんか?

 

15000円より安くしようとすると材料費を抑えるしかなくアチコチに無理が出てきます

「本革」と書いておきながらインナーは合皮だったり

中敷きの下が紙だったりするのも仕方ないのかもしれませんね

 

紙ですよ紙、ジャポニカの表紙みたいなやつです

 

このへんの靴を買うと金額の割にすぐに壊れたりしますし

修理に持って行ってもかなり高額な修理費がかかることも多々あり「買い替えたほうがいですよ」なんて言われたりすることも

 

でも実はこの価格帯の靴が一番売れてんじゃねえの?って思ってます

 

「一番安いのはちょっとかっこ悪いけど一番高いのを買うほどこだわりもないし・・

んじゃいっか、真ん中で!」

 

こういう人多いんじゃないですか?

 

でもこれって自分の価値観で決めてないですよね

大多数の人が買いそうなのを選んで安心しているだけかもしれません

 

ま、個人の好きずきなんで僕がどうこう言うことでもないんですけど

靴に無頓着な人が多いな~ってよく思うんでちょっと書いときました

 

その、つま先のはげた革靴、見られてますよ~