読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理屈こねおの理屈をこねるブログ

日々考えたことをこねくり回して書いています。

電車で席を譲ろうとして断られて気まずくなるのは言い方がヘタなんです

「あ、どうぞ」と席を譲ろうとして断られた時ってほんと気まずいですよね

 

立ち上がりかけているのでそのまま座るのもかっこ悪いし

周りの人も見ないふりをして気を使ってたりする

 

好意が一転地獄に変わる日常のトラップです

 

断った方も「まだそんな歳じゃない!」と憤慨しているのなら

「好意に甘えろよ」「オトナになれよ」と思うことで

なんとなくの気持ちの落とし所が見つかりますが

 

「次の駅で降りますので」「健康のために立つように言われてるんです」

なんかだとそれすら見つからず

その場にいるすべての人がいたたまれない気持ちになります

 

誰も悪くないのに気まずい空気、ってやつですね

 

これに対して「好意なんだから黙って座れ」とか

逆に「年寄りだからって甘やかすな」みたいな意見も聞きますが

 

結局のところ、譲り方がヘタなんだと思います

 

僕も同じように断られて気まずくなったことがあります

 

その時はそのまま座るのも恥ずかしく逃げるようにドア付近まで行き

窓の外を眺めるふりをしながらドギマギしていました

 

それ以来いい方を変えることにしています

 

「おっちゃん(おばちゃん)座る~?」

こう聞けば気まずくなることはまずありません

 

何らかの理由で断られても

「あ、ほんま?しんどなったら言うてな~」とニコッと笑えばいいんです

 

関西弁の柔らかい感じに救われてるとこもありますね

 

「どうぞ」と言って立ち上がりかけるから座るのが恥ずかしく感じるんです

座ったまま「座ります?」と聞いてあげれば上体を起こすだけで済みますので

YES、NOに関わらずヘンな空気にはなりません

 

標準語でもこの方法でいいんじゃないのかな

 

ちなみにこの方法で断られた場合でも降り際に会釈してくれたりするので

気持よくその場を済ますことが出来ます

 

朝なら気持ちよく1日をスタートできますし

夜なら帰って旨いビールが飲めます

 

おすすめの方法ですよ