読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理屈こねおの理屈をこねるブログ

日々考えたことをこねくり回して書いています。

エピソードトークを求めてきた若者にビックリした話

先日、男だけで飲みに行ってきたのですが、たしか僕と同年代のアラフォーと25歳と23歳だったかな?

おっさん2人と若者2人っていう構図です

 

んで、僕は知っていたのですがアラフォーくんが結婚していることを若者2人は知らなかったみたいで

 

「ええ?結婚してるんですか?」

「うん、もう10年以上」

「そうなんですか?だって指輪してないし」

「ああ、仕事がら毎日外すから面倒でさ」

 

みたいな会話がかわされた後に若者くんの一人が

「なにか奥さんとのエピソードありますか?」

って言ったんです

 

これ、ほんとにビックリしました

アラフォーくんも「は?」って顔してましたしね

 

フツーね、「どうやって知りあったんですか?」とか「奥さんと仲いいんですか?」とか、そういうこと聞くでしょ?

そうやって話が展開していく中でちょっと恥ずかしいエピソードとかを引き出して場を盛り上げるのが話術ってやつじゃないの?

「何かエピソードありますか?」って・・・、お前MCかよ!ってツッコミそうになりました

 

ちなみに言った本人は当然ながら、その隣の若者くんもまったく違和感を感じていないようでした

期待感あふれる目をして「おもしろエピソード待ち」の顔でしたからねー

 

でも思ったんです

 

ああやって「ひな壇に座ってる芸人さんにMCが話を振って面白エピソードを展開していく」みたいなのをずっとテレビで見てると

実際の会話もそうやって展開していくもんだと思ってしまうんでしょうか?

それともそうするのがラクなんでしょうか?なにも考えなくていいし

 

いや、その若者2人が特殊なんだと思いたい・・

 

でも、この丸投げ感ってけっこう根が深いような気がするんですよね

個人主義の延長線上の出来事なのかもしれません

 

「煩わしい会話術は面倒だから面白い話だけ聞かせてよ」ってのが透けて見えるんですよね

「自分で考えるのは面倒だからどっか美味しいお店に連れてってよ」みたいな感じかな?

 

でもね

 

丸投げと文句は必ずセットなんです

 

「丸投げして結果が気に入らないと文句をたれる」

いやホントにウザいですよね、こういうヤツ

 

ま、「若さゆえの」ってこともあるのでそこまで不快感はありませんでしたが

もしこれを同年代にやられると確実にイラッとしますね

 

二度と飲みに行きたくないレベル

 

 

そして、こういう話し方を続けていると間違いなく無能なヤツになるでしょう

 気をつけないとな、って思いました

 

 

ではでは