音楽とか、考え事とか

日々考えたことを書いています。

喫煙者は感覚が古すぎる、もはや過去の人かも

喫煙自体は悪いことじゃないんですよね

自分の体のことですから好きにすればいいと思います

 

でも喫煙者ってマナーが悪すぎませんか?

正確に言うとマナーが悪い人が多すぎませんか?

 

きちんとルールを守って喫煙している人もいるのはわかってるんです

 

でも街でよく目にする喫煙者は

 

歩きながら、自転車に乗りながら吸ってたり、吸い終わったらポイ捨てしたり、

そもそも灰も車の窓から捨ててる、みたいな人ばっかなんですよね

 

いい年した大人がしてると見てて哀しくなってきます

 

タバコって吸ったことのない人にはわからないと思いますが、本来は一息つくときに吸うものです

 

朝起きて何かする前にまず火を点けてボーとしたり

待ち合わせに少し早く着いてちょっと一服とか

取り組んでたレポートが完了したときとか

 

食後なんかもその最たるものですよね

 

ホッとして気持ちを休めるときに吸うもんなんですよ

 

だからコンビニを出た瞬間に火を点けて歩きながら吸う人とか

自転車や時にはバイクに乗りながら吸う人とか

 

一体何なのか?ってことになってきます

どう考えても一息つくタイミングじゃないでしょ

 

「タバコを吸っているかっこいいオレ」に酔ってるんですよね、アレ

 

パッケージを開けて1本取り出しライターを手で覆いながら火をつけて

おもいっきり吸い込んだ後にフーと煙を吐く

その後タバコを咥えて煙をくゆらしている自分に浸ってるんですよね

 

それがカッコいいと思っている時点で感覚が古すぎます

そんなのがカッコ良かったのは「西部警察」ぐらいまでです、ザ・昭和です

 

パブリックスペースで吸われると単純に煙たいしクサイんです

自分の体を痛めつけるのは勝手だけど周りの人間を巻き込むな!って言いたい

 

さらに吸い殻のポイ捨てなんてマナーのかけらもありません

 

携帯灰皿を配ればいのでは?という意見がありますが

そんなものを使う人はそもそも歩きながら吸ったりしませんよ

 

たばこを吸ったことのある人ならわかると思いますが

燃えているタバコの先っぽが何かの拍子に落ちたりしますよね?

 

落ちた火で車のシートを焦がしたりこたつの布団を焦がしたり

喫煙者なら誰しもが経験することです

 

そんな危ないものをどうして道で歩きながら吸えるんでしょうか?

あやまって誰かのつま先に落ちるとか考えないのかな

 

つま先ならまだしも子供の頭だと謝って済む話じゃないですよ

 

「そんなことそうそう起きないよ」

と反論すると思いますが想像力がなさすぎますよね

 

事故って起こった後はみんな口をそろえてこう言うんです

「まさかこんなことになるなんて・・・」

 

せめて立ち止まって吸ってください

 

タバコを吸ってるのって今の時代は完全にダサいですし

アルコールと違って何一ついいことがないんですよ

 

よく「ストレス解消」でタバコを吸うなんて言うのを聞きますが

これまた本末転倒な話です

 

ニコチンとかタールの血中濃度が下がってくるから落ち着かなくなって

タバコを吸ってそれを元に戻してるだけでしょ?

 

吸わなきゃそもそもそんなストレス存在しません

 

吸うな!と言うつもりはありません

ただマナーを守ってほしいだけなんです

 

まあ、これを読んで何かしら感じるような人は

そもそもマナーのいい人なんでしょうけどね~~

 

ではでは