音楽とか、考え事とか

日々考えたことを書いています。

やたらと予防線を張る人たち その2

以前にも書きましたが、やたらと予防線を張る人がホント多い!

 

rikutukoneo.hatenablog.com

その中でも最近とくに気になるのが「答えのわかっている質問をする」人たちです

 

例えば、店頭で在庫にない商品の注文があり「明後日の水曜には届きます」と伝えると、「では水曜以降に取りに来ればよろしいですか?」なんて聞いてきたりします

 

それに対して「はい、お願いします」以外の答えがなにかあるのでしょうか?

 

最近、こういったバカバカしい質問をしてくる若者がホントに多くて辟易しています

失敗ができない時代をサバイブする流行りの方法なんでしょうか・・

 

「何時ごろ届きますか?」だったらわかるんです

取りに来て届いてなかったら二度手間になりますからね

 

※それを防ぐためにお店には火曜日に到着しているのがフツーですが。

 

それ以外なら

 

「週末に取りに来ます」

「今週は取りにこれないんです」

「郵送で送ってもらえませんか」

 

なんて答えもわかります、現代人は忙しいですからすぐに来店できないこともあるでしょう

 

だったらクダラナイ質問で相手の時間を奪うなよ、って思います

あんたよりスタッフの方がよっぽど忙しいんだよ、って言いたい

 

他にも、電話で問い合わせを受けていて「お店は何時からですか?」と聞かれたので、「朝9時からです」と答えると、「じゃあ9時以降にお店に行けばいいですか?」なんてのもあります

 

「営業時間に来店してもいいですか?」なんて質問、バカ丸出しです

「来店可能な時間」のことを「営業時間」というんだけど、まさか知らないとか?

 

どうやったらこんなバカな質問ができるのか、マッタク理解ができません

 

 

なによりコワイと思うのが「自分がバカに見られる」リスクに本人が全く気づいてないことです

 

こんなバカな質問をする人に対しては、お店側は警戒するのがフツーです

そんな人に対して「ちょっとしたサービス」や「特定の人にだけするおトク情報の告知」なんてするはずがありません

 

常に「予防線を張る話し方」をしてて得することなんて、何もないと思います

 

別に難しいことを言ってるわけじゃないんです

フツーにしてくれたら、それでいいんです

 

ちょっと考えて「バカな質問で相手の時間を奪う」ことを意識するだけでいいんです

 

ホント、お願いします

 

ではでは

 

rikutukoneo.hatenablog.com