音楽とか、考え事とか

日々考えたことを書いています。

完璧主義ってシンドそう・・

先日、お酒をたしなみながら色々なブログを読んでいたところ、あるエントリに対してついコメントを書いてしまいました

 

そのエントリの内容は

 

・頑張りすぎて心が疲れたときはご褒美にケーキを買って食べる

・そうやってバランスを取っているができれば買わずに済むようにしたい

 

といった感じで、日々忙しく働いている人なら誰もが共感できる内容だと思います

 

それに対して「瞬間的に100点を取るより70点を継続するほうが楽しいのでは?」という、どう考えてもおせっかいでウザいコメントをしてしまったんです

 

酔ってて気持ちのブレーキが効かなかったんですね、いかんいかん

これじゃ風俗店で「なぜこんな仕事をしてるんだね」なんて説教を垂れる、クソうっとうしいオッサンみたいです

 

反省反省。

 

自分の考えを誰かに押し付けたり、気持ちにブレーキがかけられないのって、明らかに加齢による衰えですよね

キチンと自覚して、ホントに気をつけようと思います

 

そのコメントですが筆者の方から「それでは楽しめない。70点なんて耐えられない、100点を目指して最低でも90点はとりたい」というお返事コメントをいただきました

丁寧ですが確固たる意志を感じる文章で、それを見てますます「余計なこと書いちゃったな」と落ち込んでしまいました

それに対して謝罪と「これからも楽しく読みます」というコメントを返して、それで一段落した感じです

 

さて表題の件ですが、一連の流れから「完璧主義だと生きるのがシンドそうだな」と感じました

100点を目指すのはいいことだと思うのですが、達成し続けるのはかなり難しそう

なぜなら一度てっぺんを取るともう同じ高さでは満足できず、理想がさらに高みに行ってしまうからです

 

100点をとることでさらに理想が高くなり、それに届くように頑張って、その過程で挫折感や苦悩を味わい、どうにか達成しても理想はさらに先に行ってしまいます

そうやって成長していくのが理想的なのはわかりますが「達成と挫折」の繰り返しになるのが目に見えていますので、どこかで気持ちが折れてしまいそうです

 

先日読んだ本にいい言葉が書いてありました

 

「孤高の山で高さを極めると、尖った山になりドンドン足場が小さくなる」

「気づかないうちにすぐ後ろが崖になってて、ふとした拍子に転落してしまう」

「その時の落差が大きいほど、命に関わるレベルで危険な状態に陥入る」

 

体験談だけに説得力がありますね。

 

 

 

“ムリが効くのは一瞬だけ、継続は危険”

ってことなんだと思います

 

ぼくの座右の銘は「なんとなくそれっぽい感じ」なので、対極にあると言えますね

こんなナメた姿勢では大きなことを成し遂げるのは到底ムリですが、「なにかを成し遂げなくても楽しめる人生」もあっていいと思うんですよねー

 

ただこれは「楽しいフリをしている」状態に陥入ることもよくあるので、そこは気をつけないといけません

自分に嘘をついても幸せにはなれませんからねー

 

もちろん頑張ることが好きな人はガンガン上を目指せばいいと思います

でも、そうでもないのに環境によってそうなっている人、息苦しくなってる方はちょっと目先を変えてみてもいいかもしれません

 

「ムリしなくても楽しめるスキル」があれば人生がかなり楽になりそうですね

 

ではでは