音楽とか、考え事とか

日々考えたことを書いています。

朝ドラ「まんぷく」は何弁なのか?(少なくとも自然な関西弁ではない)

最近、人生で初めて朝ドラを見ているのですが(途中参加ですが)、劇中で飛び交うセリフのイントネーションが何とも不思議なんですよねー

 

大阪が舞台なので関西弁のはずなんですが、よく出てくる登場人物の中でまともなイントネーションなのは「たちばな塩業」の社員ぐらいです

 

非関西人のイントネーションがヘンなのはいつものことなのですが、関西出身であるはずの松下奈緒さん、桐谷健太さんの話し方もなにか妙な違和感があります

 

これってたぶん関西出身者が非関西人に寄せてるからなんでしょう

 

もちろん勝手な推測にすぎませんが。

 

主要メンバーの中で完璧な関西弁が数人いるとそれ以外のエセ関西弁が目立って仕方ないので、それに合わせて関西出身者が「関西弁なのに標準語の言い回し」を使っているんです

 

おそらく台本は非関西人が書いていて、そのせいでセリフは関西弁なのに「関西人が使わない言い回し」が頻発しているんでしょう

本来ならそういった不自然な部分は演者と監督が話し合あった上でセリフ回しを修整するんだと思うんです

でもそれをすると「生粋の関西弁」のせいでエセ関西弁が目立つので、全体のバランスを考えた上でそうはせずにそのまま喋ってるんじゃないのかな

 

例えば「それは仕方ないよ、そんなことは誰もしたくないやろ」というセリフがあるとします

 

このセリフに違和感を感じるのは関西人だけだと思います

他の地域の人から見るとどこがオカシイのかわからないのでは?

 

でも関西人の感覚でいうと文章を見てるだけでも違和感を感じますから、これを音声で聞くと気持ち悪くて背中がゾワゾワするはずです

 

では違和感のない関西弁にするとどうなるかというと「①そら仕方ないわ、そんなこと誰もしたないやろ」になります

もっとコテコテにすると「②そらしゃあないわ、んなもん、だ~れもしたないやろ」になります

 

まあ、②ほどコテコテにすると通じなくなる可能性がありますが、①ぐらいなら大丈夫な気がするのは、ぼくが関西人だからでしょうか?

 

そう考えると「まんぷく」の主要メンバー間には生粋の関西弁は出てきていないことになりますが、そのおかげで主役の安藤サクラさんの関西弁が自然に聞こえてくるんですね

 

おそらくそれが最大の目的なのかな~、なんてことを感じました

 

そうそう、関西出身でいうと大谷亮平さんの関西弁がとんでもないイントネーションなのですが、これはなんなのかな?

長い間の東京暮らしで関西弁を忘れたとか?もしくは役柄が東京出身なのかな??

 

あまりにも不自然なので、まさか関西出身者だとは思いませんでした

それぐらい不自然なイントネーションなんです

 

わざとかな?

 

あと、松坂慶子さんに関してはもう完全にキャラ立ちしてて、イントネーションがどうこうなんて超えてしまっていますねー

 

あの独特に言い回しがだんだんクセになってしまいますし、わがままなキャラと相まって物語のいいアクセントになってます

 

さすが往年の大女優です。

 

まあ何にしても中央値に寄せているおかげで「強烈な気持ち悪さ」は感じないので、作戦は成功しているんじゃないかな?

 

にしても、関西弁ってホントに難しいんですね~~

ネイティブにはよくわかりません

 

ではでは

 

 

 エセ関西弁には以前にも書いていますが、多くの登場人物がエセだと違和感が薄まるということを今回学びました

rikutukoneo.hatenablog.com

 

 このエントリの1か月後の感想はこちらです

rikutukoneo.hatenablog.com