音楽とか、考え事とか

日々考えたことを書いています。

the HIATUS の曲に対する理解が足りないことを痛感した

先日 the HIATUS のツアー「Monochrome Film Tour 2018」の大阪公演を観てきました

相変わらずサイコーですね、歌も演奏も演出も鳥肌モンでした

 

※以下は若干のネタバレがありますので参加予定の方はお気をつけください

 

 

 

 

さてそのLIVEですが、これまでのツアーとは違いアルバム曲を多く演奏するセットリストで「攻めのセトリ」だったと思います

普段なかなか聴けない曲たちが連発で、コアなファンは大喜びですがフェスでウェイウェイ言ってるだけのヤカラはもしかするとタイクツしたかもしれません

 

なんせフェスでよく演奏するあの曲もあの曲もあの曲ですら、全く演らなかったんです

実際にLIVE中に席を離れる人もチラホラいて(トイレかな?)集中力が続かないライトなファンも一定数いたようですね

 

※大阪公演はホールなので全席指定でした

 

なんてエラそうなことを書いていますが、ぼく自身も「曲に対する理解度の低さ」を痛感して打ちのめされました

アルバム曲とはいえこれまで何十回も聞いた曲ばかりなのに、生で聴いて改めてよさに気づくことが多すぎたんです

 

これが2~3曲だったら「生で聴くことでの新たな発見」で済むのですが、演奏曲の大半でそんなことを感じたのはやはり理解度が低かったんだと思う

耳で聴くだけでは理解できていなかったよさを、生で目にして耳にして、やっと理解する道の入口に立てたような気がしています

 

特にあの曲のアウトロはものすごい迫力でスゴかったです

 

フェスウェイウェイ達をいつも小バカにしたようなことを書いていますが、ぼくもさして変わらないレベルだったってことです

 

来年の豊富は「調子に乗らない」にしようかな

 

ではでは