音楽とか、考え事とか

日々考えたことを書いています。

読書感想文は脳内のモヤモヤをコトバにするトレーニング

先日、読書感想文のコツについて書きましたが

rikutukoneo.hatenablog.com

これってブログと同じで「考えてることをコトバにする」行為なんですよねー

 

まあアタリマエの話なんですがわざわざこんなことを書くのは、最近「思いをコトバに」できない人が急増してると感じるんです

高齢化が進んでいるからなのか、テキストのやり取りばかりで直接対話力が低下しているのか、原因はハッキリしませんが「要領を得ないこと」を延々と話す人に多く出くわします

 

「これはリンゴですか?」と聞いてるのに「リンゴよりバナナのほうが好きなんです」のようなヨクワカラナイ返答をする人がホント多い

 

さらに、そのもっと手前の「言いたいことをコトバにする」ことができない人にもよく出くわします

それが顕著なのは電話での問い合わせで、こんな感じ

 

「お電話ありがとうございます、○○の誰それです」

「あ、すいません、✕✕のことで聞きたいんですが・・」

「はい、✕✕ですね?」

「あー、✕✕のね、えーと、なんていったらいいのかなー・・」

 

こんな風に「電話が繋がってから言うべきことを考え出す」人がかなり居てオドロキます

「なんて言っていいのかわからない」のならわかるようになってから電話をかけてくれ、そっちはヒマでもこっちは業務中なんです

 

暇つぶしで時間を奪わないで欲しい

 

そもそも今どき電話で問い合わせをすること自体がナンセンスでしょ?

こういう人はメールをメンドクサがってるふりをしていますが、実は考えていることを文字にすることができない人たちなんです

だから声で伝えようとするんだけど、文字にできないことをコトバにできるはずがなく「えーと」を連発しちゃうんですねー

 

それが高齢者ならまだ理解できますが、年令問わずこんな人がいてホントに驚かされます

同じ行動パターンで毎日を過ごしているうちに「考える機能」が衰えちゃってるんでしょう

そうなると「考えること」そのものがストレスになりますので、なるべく避けて生きていこうとするんだと思います

 

「考えてる人」かどうかは少し話せばすぐにわかるし、何も考えていない人って単純にカッコワルイです

 

もしそんな風になりたくないなら「考える」ことをやめたら絶対ダメ、使わない機能は衰えてしまいます

答えが出るかどうか?なんてどーでもいいんです、大事なのは「考えること」に対してフットワークを軽くしておくことなんです

 

読書感想文をそのためのトレーニングと捉えれば、タイクツな宿題の消化も少しは楽しくなりそうです

「思いをコトバにできる」のは楽しいことだと、気づくキッカケにもなるはず

そしてこのスキルを身につければ、スマホなんてなくても空き時間に退屈することはありませんし、本の読み方、映画の見方、周りの見え方など全てが変わります

 

楽しい人生になりますのでオススメですよ

 

ではでは