音楽とか、考え事とか

日々考えたことを書いています。

音楽のカウントダウン番組にマッタク興味が持てなくなった

関西在住なので普段からFM802を聞いており、そのオフィシャルチャートのカウントダウン番組が「OSAKAN HOT100(オオサカン ホットワンハンドレッド)」です

現在ナンバーワンは「あいみょん マリーゴールド」で、絶賛進行中の「あいみょんキャンペーン」の成果によるものでしょう

 

東京のFM局、j-waveでも同じような「TOKIO HOT100」がありそちらでは同曲が5位なので、やはり関西出身アーティストは地元の関西メディアのほうがプッシュする力が強いようです(アタリマエダケド)

 

聴いてみればわかりますがいい曲です


あいみょん - マリーゴールド【OFFICIAL MUSIC VIDEO】

 

でも関西ナンバーワンヒットになるほどの曲とは思えません

 

ぼくは素人なので音楽的なことはマッタクわかりませんが、Ed Sheeran の 「Shape Of You」、RADWIMPS の「前前前世」、なんかと同じレベルのヒット曲とはどうしても思えないんですよねー

 

それがなぜなのか考えてみます

 

ヒットチャートのランキングに「スポンサー」や「レコード会社の意向」が影響するのはアタリマエでそれはずっと以前から変わらないんだけど、ここ何年かでそれがどうしようもなく「アカラサマ」なりました

そのゴリ押し感をヒシヒシ感じてしまい気持ちが萎えちゃうんですよねー

オリコンは上位がアイドルばかりで、より興味がありません)

 

そのことを強く認識したのは2013年、休止していたサザンオールスターズの活動再開シングル「ピースとハイライト」です

復活と同時に全番組でかけまくり、あっという間に1位を獲得していました

www.youtube.com

わかりますよ、国民的なバンドの復活ですからレコード会社も本気でプッシュするし、メディア側もドンドン流してお祝いの気持ちを表し、業界全体で盛り上げていきたいんでしょう

わかるんだけど、さすがに意図的に1位を取らせるのはちょっとやりすぎな気がします

 

ラジオ局のオフィシャルチャートなので、その順位を決定づけるのは、「音源の販売数」「レンタル回数」などよりも「リクエスト数」と「オンエア回数」が大きく作用するはずです

全番組で流しまくればそれだけリクエスト数も増えるでしょうから、「リクエストポイント」と「オンエアポイント」を稼いで1位を取るのもアタリマエといえばアタリマエです

(どのポイントがどのように計算されているかは当然ながら非公開です)

 

「絶対1位を取らせるぞ!」と各DJさんが示し合わせていなくても「これだけかけりゃあ1位とるだろうな」ということぐらい肌で感じるはずです

 

しかも「目標達成」すると次週には手のひらを返したように1位から陥落するのも、これまたあまりにもアカラサマで「世間の人気」以外の意志が働いているのは明白です

そういったモロモロは理解していたつもりですが、さすがにこの時はゲンナリしてしまいました

 

違うんです、できるだけ純粋なランキングが知りたいんです

 

各番組でかかりまくると段々と食傷気味になって「またかかってる・・」となりますが、それは我慢できてもランキングにそのまま反映させるのはマジ勘弁して欲しい

そんな恣意的なランキングの1位発表時に「スゴイ!驚異のジャンプアップ!!さすがの貫禄だー」なんて言われてもうすら寒いだけなんです

 

FM802は「アイドル」「演歌」「アニメソング」を流さないことを信条にしていますので、オリコンなど世間一般的なランキングとは一線を画しています

 

だからこそ「いい音楽」のランキングを期待してしまうのですが、この頃からHOT100の順位にはマッタク興味が持てなくなりました

 

先日も、宇多田ヒカルさんがかつてのレギュラー番組を「一夜限りの復活」していたのですが、その際にも曲が急上昇していました(たしか2位だったかな?)

そういったことをお祝いするのは「関係各所メディア」として当然の行動ですが、その意図があまりにもわかり易すぎて興ざめしちゃうんですよね

 

実際のところ内情を知らないので想像でしかありませんが、どれだけリクエストが来ていてもオンエア曲を決めるのはあくまでも番組側です

リクエスト数「だけ」に応じてオンエア曲を決定しているわけではないでしょうから、オンエアポイントを重視するとどうしても恣意的なランキングになってしまいます

ならいっそ「各番組で流しまくっているのにチャートが上がらない曲」なんてのがあったほうが、ランキングに真実味が出ると思うんですよねー

 

ランキングに価値をもたせたいのであればオンエアとランキングは切り離してもいーんじゃないの?って思っちゃいます

 

ここまで恣意的なランキングだと「いま流行ってる曲」というより「いま売りたい曲」にしか聴こえません

まあそれがカウントダウン番組の目的なのなら、それはそれで好きにやってもらっていーんだけど、せめてもう少しオブラートに包んで欲しいところです

 

でないとそのうち役割を終えて無くなっちゃいそー

 

それも時代の流れなのかもしれませんが、世間的にランキングの価値が大暴落している時代だからこそ、純粋に支持できるカウントダウン番組を期待しちゃいますよねー

 

「今週はHOT100の60位~40位までをカウントダウン!」とかのほうがよほど面白そうです

 

ではでは