音楽とか、考え事とか

日々考えたことを書いています。

ライブチケット購入は「1人1枚限り」にするべきだ

先日、サカナクションのツアー2018に参加してきました

 

先に発売されたベスト盤「魚図鑑」のツアーでタイトルが「魚図鑑ゼミナール」、いかにもサカナクション的なツアー名ですねー

今回も相変わらずサイコーのライブでした

 

んで、そこで感じたことをちょっと書きたいと思います

 

※若干のネタバレがありますのでツアー参加前の方は参加後に読んでください

 

 

 

 

ライブはいつもの感じとは少し違い、ものすごく暗い曲から始まります

というのもベスト盤は「浅瀬」「中層」「深海」と3枚に分かれており、わかりやすく言うと「浅瀬=ノリのいいわかりやすい曲たち、誰でもノれる」「深海=暗い静かな曲たち、退屈に感じる人もいるはず」「中層=その中間」といった感じです

 

※もちろん「浅瀬」で静かな曲もあれば「深海」でノリのいい曲もありますが、あくまでわかりやすいイメージで分けています

 

今回のツアーは各ライブの構成を3つに分けており、「浅瀬パート」「中層パート」「深海パート」と異なるコンセプトのパートをつなげて一つのライブ作品に仕上げています

そしてライブの始まりは「深海パート」で幕を開け、序盤から暗い静かな曲が続いていくんです

 

「深海」はサカナクションの神髄ともいえる、心の傷や葛藤を歌っているような「根幹をなすような曲」たちなので、ファンにとってはたまりません

コアなファンであればあるほど楽しみにしていた「深海パート」がライブ序盤から「いきなり来たか!」と大盛り上がりになったはずです

僕もそうです、てっきり「中層→深海→浅瀬」という構成だと思っていたので、最初から予想を裏切られ大興奮しました

セトリは書きませんが「初っ端からこの曲!?マジか!!」「2曲目がこれ!?やってくれるーー」「3曲目はこれかー!やばい!震える!!」といった感じで静かに大盛り上がりしてたんです

 

ですがやはりそこはベスト盤のツアー、ベストを聞いてサカナクションを好きになり初めてライブに参加したライトユーザーがそこかしこに点在しています

僕のすぐ後ろにもそんな女子2人組がいたようで、2曲目が終わったぐらいに「なんか眠くなってきた・・」「あはは・・・」という声がボソボソ聞こえてきました

 

おそらく「新宝島」「夜の踊り子」「陽炎」などのアッパーな曲を期待してライブに参加したのに、いきなり暗い曲ばかり続くので退屈していたんでしょう

それはそれで仕方ない、誰もがライトユーザーから始まるので最初はわかりやすいアッパーな曲を楽しみながら、段々と静かな曲の良さが解っていくんだと思います

 

ただそれをライブ会場で口に出すな

ストレスを感じても自分一人で受け止めて消化してくれ

 

周りにいる人がそれを聞いてどう思うか、どうしてわからないんでしょう

まさか「周りも同じように思っている、私ひとりじゃない」とでも考えているのかな

同じように感じている人は共感してくれるし、そうじゃない人も優しく聞き流してくれるはず、そう思ってるとか?

 

甘えんなよ、っていつも思うんです

 

退屈しているのはサカナクションの音楽に対する「理解度の低さ」が原因で、そのストレスを自身で消化できず隣の友達に話すことでなんとか心のバランスを保っている、

 

ようはお子ちゃまなんです

 

共感世代だか何だか知らないけど、SNSじゃないんだから思ったままをつぶやいていい場所かどうかをよく考えてほしい

ライブ会場は観客も一体になって雰囲気を作っていくものだと早く理解してくれ

 

こういったお子ちゃまは1人でライブに参加することができないので、必ず友達と一緒に参加して常に一緒に行動しようとします

いつも一緒に行動して、感じたことを反射的に言葉に出して、互いに共感しあって安心しているんでしょう

 

1人で行動できる人間から見ると鬱陶しくて仕方ありません

「行動を共にする」のは好きにすればいいけど、ライブ中に喋ってんじゃねーよ

しかも静かな曲が続くパートでしっとりした雰囲気に浸っているファンを興ざめさせないでほしい

 

でも、こういうヤカラも周りに知人がいなければ言葉を発することもないですはず、そろそろチケットは「1人1枚」しか購入できないようにするべきじゃないかなー

それでも、それぞれが入手したチケットを持って現地で落ち合うのもかもしれませんが、「1人でチケットを取る」という行動をさせることで少しは意識が変わるかもしれません

 

高額転売「枚数」の抑制にもつながりますし、いい案だと思うんですよねー

 

もちろん「1人なら行かない」という人も一定数いますので動員に影響しそうな気はしますが、そんなの最初だけじゃないの?

 

どうせライブは、始まってしまえば自分とステージの「一対一で楽しむエンタメ」です

隣に誰がいようと関係ありませんし、むしろ盛り上がっている姿を知人に見られることに気を使う人もいるはずです

 

いろいろなアーティストが「購入は1人1枚限り」にすれば「ライブは1人で」「フェスはみんなで」というすみ分けも進むかもしれません

フェスは参加すること自体がエンタメになっていますが、ライブは違うと思うんですよねー

 

関係者の方々、よろしくお願いしまーす

 

ではでは