音楽とか、考え事とか

日々考えたことを書いています。

感動の奥にこそ、思考がある

 

こちらのブログを拝見して「感動」について考えました

www.myprivatecomedy.net

確かに大人になればなるほど「無邪気に感動」できるものは減っていきますね

それは「同じ刺激に慣れてしまう」からであり、それが成長して大人になることそのものなんだと思います

 

初めは何も知らないので単純なことでも感動できたのが、だんだんと物足りなくなり「感動の欲求」はどんどんエスカレートします

子供の頃は冷凍ハンバーグでも感動できたのに、大人になると「黒毛和牛100% 炭火でじっくり焼く本格ハンバーグ」などを求めてしまうようなものですね

 

そうやっていろいろ体験していくと「感動した経験」がデータとして記憶に蓄積されていき、そのデータがどんどん溜まると今度はそれに照らし合わせて判断するようになります

 

だから「自分内データ」にすでにあるパターンには感動しなくなってしまうんです

「ああ、またこれか・・」といった感じ、お涙ちょうだい系の映画なんかではよくありがちかもね

 

すると次の対策として「左脳で分析」をするようになっていきます

 

「このシーンの撮り方はこの監督にしかできない」

「この演技や存在感はこの人にしか出せない」

 

といった感じですね

 

そしてウンチクを語り始めます

映画好きの人が話す内容は大概がこのパターンです

 

「このシーン、実はあの映画のオマージュになっていて、そうそう、でも注目はその後のシーン、本来ならこうなるはずが、わかる?うん、この部分がものすごく革新的なんだよ!それはつまり・・・」

 

なんて話しだすと止まらなくなる人、周りにいませんか?

 

まあこれはこれで「感動」しているのですが、「左脳系の感動」は「右脳系の感動」の衝撃を超えることがほぼありません

その映画に対して深く理解することはできても、それは思考が深まっていくプロセスであり「無邪気な感動」とは異質のものなんです

 

では「思考」は「感動」よりも下なのでしょうか?

 

そんなことはありません、そもそも上下なんて存在するはずがない

むしろ「思考を深めるプロセス」こそが「無邪気な感動」の奥にあるものなんです

 

映画は物語なので風景やアクティビティのように「完全に右脳だけ」で感動することはできません

子供の頃はこのことが理解できていないので、絶景を見るような気持で映画にも無邪気に感動できていたんです

 

でもそれは「未熟さがもつ特権」なので成長してからも映画で同じ体験をするのは簡単ではありません

風景、音楽、絵画など、理屈でないものでしか「無邪気に感動」できなくなってしまうんですね

 

だから大人として映画を楽しむプロセスとしては「まず初めに感動して」その次に「思考を深めていく」のが本来なんだと思います

 

その感動は子供の頃に受けたような衝撃はないかもしれません

でも思考を深めるのは未熟な子供にはできない、大人としての最高の娯楽だと思います

 

そう考えると「感動できなくなってきた」と嘆く必要はありませんね

自身が成長し、次のステージに進んでいるということですから

 

そして思考を深めながら自身と向き合っていくのが映画の醍醐味です

本当にいい映画は観た後に、その真価があるのだと思います

 

ではでは