音楽とか、考え事とか

日々考えたことを書いています。

僕たちは物語に洗脳されている

「大事なことは物語から教わった」と思っています

 

マンガ、小説、映画、ドラマなど子供の頃から触れてきた物語から、人生を生きる上で大事なことを学んできました

両親はあまり具体的なことを言わないタイプだったし、師匠になるようなセンパイや上司にも出会ってこなかったんですよね

 

子供の頃はマンガが大好きで暇さえあれば読んでいましたので、僕の行動規範の大半は少年マンガから得ていると言っていいと思います

案外こういう人、多いのでは?

 

でもやはり、物語は物語です

 

世の中の真理が描かれていることも多くありますが、大衆に受けるように脚色していることも多々あります

 

例えばアンパンマンは顔が傷むと力が出なくなるのに、子供を元気づけるために顔をちぎって食べさせたりします

これを見ている子供たちは「自己を犠牲にしてでも弱者に尽くすべきだ」という概念をすりこまれます

 

この例はちょっと大げさですが、これが手塚治虫作の「ブッダ」の話になるともっと刷り込みが強くなります

ちょっとうろ覚えなのですが

 

山で休息をとっているブッダをもてなすために、クマはその腕力を使って川で魚を取り、キツネは知恵を使って木の実を集めてくるんだけど、力も知恵もないウサギは「僕を食べてください」といいながら焚き火に飛び込んだ・・

 

といった感じだったはずです(細かいところは間違っているかもしれません)

 

これを見て「なにもそこまでしなくても・・」と子供心に感じたのですが、「バカなことをしたもんだ」とは思わなかったんです

むしろ命を投げ出してまで相手に尽くす姿に感動を覚えたぐらいです

 

本来なら、食料を調達することができないのならクマやキツネが取ってきた物を焼いたり皮を向いたりと、調理をすればいいんです

もしくは食事の後の就寝のために葉を敷き詰めて寝床を作ってもいいですね

 

「自分には何が出来るのか?」をキチンと考えて行動するのが本来のあり方なのに、この逸話を見ると「思考停止の自己犠牲」を美徳にしているように感じます

大人になってからならこういったことも理解できるのですが、子供の頃にここまで思考を巡らせるのは難しいのではないでしょうか

 

他にも「物語に刷り込まれていること」は思っている以上に多くあります

 

物語に出てくるお金持ちは「いけ好かないやつ」ばかりですが、これは読者の大半が貧乏人なのでそのほうが共感を得やすいからです

視点の違いで話が合わないことは多々あるでしょうが、いけ好かないやつがそう簡単にお金持ちになれたりしません

 

※世の中には金持ちと貧乏人しかいません、中流は幻想です

 

物語に出てくる「突出した能力の持ち主」はたいてい何らかのハンデを背負っています

心臓が弱く30分しかプレーできない、コントロールを間違うと自身の体がダメになる、などですね

 

これも、そうしたほうが物語が盛り上がるからです

 

「限られた時間をどう有効に使うのか?」を戦略的に使いながらも、たいていはそれだけで勝つことができず制限時間を超えてムリをしている場面が描かれます

女子マネージャーがスタンドで「もうやめて!死んじゃうわ!!」なんて叫んだりしてハラハラ感を煽ってきたりします

 

これも自己犠牲ですね

 

もちろん読む方はあくまで物語として読んでいるので、そのまま日常生活で真似することはありません

同じように自己犠牲に浸るのはかなりヤバイ、40度の熱を押して商談の場にくるヤツはただのバカです

 

家で寝てろ!

 

でも子供の頃から刷り込まれた自己犠牲の精神は、家で安静にしてる自分自身に対して小さな罪悪感を抱かせてしまったりするんです

 

「熱も下がってきたし、ただボーとしてるのも気が引けるな」

「メールやLINEでなら打ち合わせができるんじゃないか?」

「自宅のPCにデータを転送してもらって分析するぐらいなら・・」

 

いや、だから寝てろ!

 

あなたのオフィスにもゴホゴホ咳をしながら「頑張ってるオレ」をアピールしているおじさんがいるかも知れませんが、それは昭和の自己犠牲系の物語のせいなのかもしれませんね

 

まあ、だからって大目に見る必要はありません

上司に申告してオフィスから追い出しましょう

 

防災関連の記事で以前に見たことがあるのですが、極限状態になると自分の身を犠牲にして他人を助けようとする人が多いんだそうです

やはり、自己犠牲の精神が根底に流れてるってことなんでしょう

 

物語洗脳おじさん、あなたの周りにもいませんか~~

 

ではでは