音楽とか、考え事とか

日々考えたことを書いています。

サカナクションの「years」の歌詞の意味を考察してみよー

 

知ってますか?「years」

フェスでは演らない暗い曲ですが、いい曲なんですよー

 

www.youtube.com

歌詞はこんな感じ

http://j-lyric.net/artist/a04d6c9/l0259c0.html

 

「執着の歌」であり「決意の歌」であり「希望の歌」です

 

「どんな困難があっても好きなことは諦めないよ」ってとこかな?

 まあ、それぞれが自分なりの解釈をしてください

 

さて、ではこの years の歌詞を順番に見ていきましょう

 

まず自分たちを布に例えてその特性を歌っています

 

僕たちは薄い布だ 折り目のないただの布だ

影は染まらず通り過ぎて行き 悲しみも濡れるだけですぐ乾くんだ

 

自分たちは薄い布のような存在で、状況によって形を変えるけれど折り目がつかないような「しなやかさ」を持っている、ってとこかな

何か影を落とすようなことがあっても、それはあくまでも影なので布が染まることはなく繊維を通過するだけ

つまり影のような暗い経験も過ぎてしまえばドンドン忘れていき、悲しみで泣いてしまうことがあっても布は薄いので涙で濡れてもすぐに乾いてします

 

痛みも悲しみもすぐ忘れてしまうということですね

自分たちはそういう大事なことを「忘れながら生きている」と歌っています

 

そしてサビです

 

years years この先に待ち受けている時代の泥が

years years 僕らを染めてしまうかはわからないけど

変わらないことひとつはあるはずさ

 

years は年月のことだと思います

これまで重ねた年月、これから進んでいく未来のことでしょう

 

「時代の泥」は音楽業界、メディア、自分たちを評価するリスナーのこと、音楽活動をしていく中で接触を避けられない社会のことでしょう

それらが自分たちを染めてしまう、つまり業界の常識やメディアのやり方、リスナーに受け入れられるためにとる手法などに、自分たちが染まってしまうかもしれないということ

 

もし染まってしまったとしても自分たちの中に「変わらないこと」が1つぐらいは残ってるはず、残っていてほしいという希望を歌っているんですね

 

染まらなかったしても、染まらないように抵抗することで自分たちの何かが変わってしまい、それまでと同じでいられません

泥に飲み込まれることでどっちに転んでも「純粋なままではいられない」ことを嘆いているんですね

そして嘆きながらも「音楽活動をしていくなら受け入れるしかない」と覚悟しているという解釈も成り立ちそうです

 

そして2番です

 

僕たちは薄い布を 繋ぎ合わせて帆を立てた

風が吹くのを見逃さずに 乱れた髪さえそのままにしてたんだ

 

僕たちが「薄い布」なので、それを「つなぎ合わせて帆を立てる」のはチームを組んで風を受けるための「サカナクション」という看板を掲げるということかな

つまりメンバーやスタッフを含めた「チームサカナクション」のことでしょう

 

「風が吹く」の風はおそらく時代の風のこと、時代が求める方向に吹く「風」に乗って飛躍するには乱れた髪を気にしてるヒマもなかった、売れるためにはなりふり構っていられなかったってことですね

 

大衆に迎合した音楽、締切に間に合わせた作品、納得のいかないことも飲み込みながらまずは売れることに専念した、その頃のことを客観的に歌っているんだと思います

 

「セントレイ」の頃かな?「アルクアラウンド」の頃でしょうか?

当時の状況や心情を、感傷的になることもなく淡々と語っている印象です

 

そして2度目のサビです

 

years years この先に待ち受けてる時代のハサミは

years years この帆を切り刻みバラバラにするけど

years years また繋ぎ合わせるからそのときには

years years 君のこと思い出しても許してくれるかい?

 

時代のハサミは、音楽活動を続けていく上での困難のことですね

 

やりたい事よりやるべき事を優先せざるを得ない状況、過密スケジュールによる疲弊、アウトプットばかりでインプット不足の生活、最もストレスの大きいテレビへの露出・・

そういった困難がそれぞれの心に隙間を作り、チームの信頼関係を断ち切ってバラバラにしようとするけど、もし断ち切られてもすぐにつなぎ合わせて人間関係を修復していく、そうやって前へすすんでいくんだ!という決意を感じます

 

最後の行でなぜ「君」に許しを求めているかというと、「君」との関係は繋ぎ合わせなかったからですね

本当はつなぎ合わせることもできたんだけど、何らかの理由でそれをしなかった「負い目」が残っていて、誰かとの関係を修復する際にはいつもその「しなかったことに対する負い目」を思い出してしまうけれど、そんな自分勝手に感傷に浸っても許してくれるかい?と弱音を吐いています

 

音楽で稼いで食べていくということは、後悔に浸って、思い出に逃げて、感傷に酔わないと進めないほど「困難な道」ということなんでしょう

 

そこまでしてでも音楽を捨てられない「自分の業の深さ」の歌なんですね

 

そしてラストパートに突入していきます

 

僕の中の変わらないこと

僕の中で変わらないこと

多分これが変わらないことのひとつ

 

最初の2行「僕の中の変わらないこと」と「僕の中で変わらないこと」とでは一文字しか違いがなくても意味がまったく違います

「僕の中の」は今ままでで「僕の中で」はこれからのことだと思う

 

いろんな困難があっても今まで変わらずに残っていること

これからどんな困難があっても変わらずに残っていくもの

それが自分たちの本質だ

 

と言っているんじゃないかな

 

それが何なのか?は解釈が分かれるところだと思います

 

自分の強さなのか?仲間との信頼なのか?弱音を吐くズルさなのか?

 

僕は「執着」だと思います、本当に自分が好きな音楽に対する執着心のこと

 

売れる曲だけを書いて活動していくことはできるけれど、それは稼ぐための「やるべきこと」で「本当にやりたいこと」ではない

かといって「やりたいこと」だけやってると活動の規模が小さくなりどんどん地下に潜っていってしまう

だから「やるべきこと」をやりながらその中にも必ず「やりたいこと」を入れ込んでバランスをとり、許される範囲で本当に好きな音楽を作っていく

 

そこだけは絶対に譲れない、そうやって「好きなこと」「やりたいこと」に執着していくんだ、という決意を込めて歌っているんだと思います

 

その決意を、最初のサビのラストの行「変わらないことひとつはあるはずさ」に応える形で「たぶんこれがそう」と締めています

決意は希望です、最後を希望で締めくくるからこそ、何度聞いても心を動かされる歌に仕上がっているんですね

 

そうやって変わらずに年月を経て、これからも変わらずに積み重ねていくから、タイトルが「years」なんだと思います

 

長々と2800字近く書いてしまいましたがいかがだったでしょうか?

最後まで読んでいただきありがとうございます

 

ではでは

 

 

おバカな考察もしてますよー

rikutukoneo.hatenablog.com