音楽とか、考え事とか

日々考えたことを書いています。

サカナクションは誠実だ!

昨日、家族のためにライブのチケットを取りました(サカナクションのライブではありません)

僕は行かないんだけど一般発売当日は争奪戦になるので「頭数」ってことですねー

 

幸い大阪公演の初日が取れたのですが、その過程でちょっとビックリしたことがあるんです

「観えづらい悪い席」を別で設定しているのに価格差がないんですよ!

 

大阪の京セラドームでの全席指定のライブなのですが「指定席」と「条件付き指定席」というのがあり、

条件付き指定席は「機材等によりステージが見辛いお席となりますので、予めご了承の上ご購入ください。」とのことでした

 

ようはステージサイドギリギリの場所でステージをほぼ真横から見る形になり「メンバーも演出もモニターですら殆ど見えませんよ」ってことなんでしょう

 

※このバンドは以前にも横浜スタジアムでそんな席を販売しています

 

まともにライブが観られない席なのにフツーの指定席と同じ価格(8640円)ってのがホントにビックリしました

 

普通に考えれば他の席よりも価格を安くすると思うんですよねー

「全然見えないけど安いから勘弁してね」って感じ。

 

それを指定席と同じ価格で販売するってことは「お前らどうしても来たいんだろ?ならクズ席でも文句言うなよ、ああ、料金は同じな」てことですよね

 

「どうしても参加したい!」というファンの心理につけこんでいるとしか思えませんね

 

もちろん売上を最大化するのが商売の基本ですから「より高く売る」のは理にかなっています

また、場所よって価格差をつけるとプレイガイド側に支払う手数料が高くなるんでしょう

 

それはわかりますが、いくらなんでもあんまりじゃないですか?

 

「売上のため」なんだったら指定席の価格を9800円などにすればいいですし、それぐらいの価格にしても即完売しそうなバンドなんです

そうやって相対的に悪い席の価格を安くすることは可能だと思うんですよねー

 

メンバーだってその席から自分たちが見えていないことぐらい知ってるはずで、「知ってて放置している」ってことですよね

 

自分たちがやってることに矛盾を感じないんでしょうか?

もしくは矛盾を感じながらもその現状に甘んじている、ってことかな??

 

これは想像でしかありませんが、メンバーを含めチーム全体には「より多く稼ぐ使命感」があるのかもしれません

 

ライブの運営は「東京で稼いだお金で地方を回る」という面があるんだそうです

東京なら移動費や宿泊費など経費が大幅に安く上がりますから、そこでしっかり稼いでそれを元手にして遠征するってことなんでしょう

 

逆に言うと地方公演はそれぐらい儲からないってことです。

 

また、事務所的な都合で「大きく稼げるアーティストの売上で新人を育てる」という構図があるんだそうです

だからもし会議でメンバーが「自分たちが正しいと思う」発言をしたとしても、「お前らもそうやって育ててもらったんだ、順番なんだよ」なんて言われたら返す言葉も無さそうです

 

そんなこんなで、メンバーもスタッフもその他関係者もすべてを知った上で「こんなに悪い席だと思わなかった・・」と愕然とするファンを「放置する」という状態が起きているんですね

 

いろんな利権が絡み合うと当たり前のことができなくなるなんて、ビッグアーティストはタイヘンだ

 

そう考えるとサカナクションは非常に誠実だと思います

 

今までに何度もライブに足を運んでいますが、そんなゴミクズのような席があるのを見たことがありません

また、前にも書きましたが「観る場所によって価格差をつける」ことも実践し始めています

 

rikutukoneo.hatenablog.com

 

こういったことにチャレンジすることでより多くの苦労を背負い込むのでしょうし、なかなか儲からずにメンバーもスタッフも疲弊することもあるのかもしれません

 

それでも信念をもって頑張っているんですね。

 

ぼくはそういう「正しいことをやっているバンド」を素直に評価したいと思っています

 

自分たちやファンにとっての「正しいこと」が業界や関係各所にとっての「正しいこと」ではないのかもしれません

あまりやりすぎると活動に支障をきたす恐れもあるのかもしれません

 

でもそれを覚悟の上で自分たちの信じた道を行く姿はやはりカッコイイ

せっかくこの世に生まれたんですからカッコよく生きたいですよねー

 

ガンバレ!サカナクション!!

 

これからも応援しています。

 

ではでは

 

他にも誠実な面がありますよ

 

rikutukoneo.hatenablog.com