音楽とか、考え事とか

日々考えたことを書いています。

サカナ株を作って欲しい

サカナクションがやっと動き出しましたね

 

3月からベストアルバム、ライブDVD&ブルーレイ、ニューアルバムとリリースが続くようです

 

まず最初のリリースであるベストアルバムの詳細はこんな感じ

f:id:rikutukoneo:20180218134130p:plain

 

ライブDVD&ブルーレイとニューアルバムは単純に嬉しいのですが、ベストアルバムについては、実はあまり食指が動きません

 

すべての曲をすでに持っているので同じ選曲のフォルダを作れば簡単に再現できるからです

興味があるのは「どの曲を選んだのか?」だけ

 

特にプレミアムBOXにプラスされる15曲はサカナクションの深部になるような曲とのことですので、その選曲は非常に気になります(たぶん暗い曲ばかりなんでしょう)

 

でもこれもフォルダ作成で解決しちゃいます

 

ライブ映像も今までの作品を曲ごとに切り取ってつなげたもので、サカナクションの歴史とともに成長を感じられるんだそうです

これもやはり気になるのは「どの時代のどの曲を選んだのか?」だけ、だって映像系も持ってるし

 

そう考えるとコアなファンにとって価値があるのは図鑑だけってことになります

 

ベストアルバムって活動期間が長くなりアルバムも多くなってきたことで、新たなファンの「どれから聞いたらいいかわからない」というニーズに応えるためのものです

 

それに「図鑑」という「リサイクルではないもの」を入れるとうことは、嫌な言い方ですが「コアなファンにも買ってもらえるようにパッケージングしてる」ってことですね

 

正直な意見としては「図鑑だけバラで売って欲しいなー」という感じなのですが、なんだかんだ言いながらもプレミアムBOXを買うことになりそうです

 

もうこうなるとお布施的な購買に近づいていきますね

 

それならいっそ株式会社のように「サカナ株」を発行してくれないかな、配当なんてちょっとしたもので充分、大事なのはサポーター的な満足感です

 

サカナクションのライブを観るたびに心の底から感動する一方で、これほど価値のあるものでありながら収益性が低いことに疑問を持ってしまいます

「グッズが売れないと赤字」とステージで話しているのも100%セールストークとも思えません

 

業界の複雑な構造でいろんな利権が絡み合ってるでしょうから、いきなり収益を健全化するのは難しいと思います

CDの売れないこの時代ではとりあえずライブで稼いでいくしかないでしょう

 

その収益の柱が「グッズ」というのはなんとも哀しすぎます、音楽家は小売業ではないはずです

 

サカナ株を発行すれば収益の柱とはいかなくても副収入にはならないかな?

一株5万円ぐらいで発行してくれればとりあえず1~2株購入します

 

配当はちょっとしたもので充分です

 

・株主限定のチケット先行がある

・一株につきチケット当選率1%アップ

・ライブハウスのワンドリンク免除

 

なんてどうかな?

繰り返しますが大事なのは利益ではなくサポート感です

 

あと会社の決算報告みたいにライブ収益の内訳やバンド自体の収益の内訳なんかを教えてもらえると、ちょっと嬉しいかも

株主限定ライブとかお茶会なんかあっても面白そうですね

 

その株を売却できるようにするのか?その時は誰が買うのか?売価は?

など色々整備する必要はありますが、バンドの収益確保案としては悪くないんじゃないでしょうか

 

ご検討お願いしまーす