音楽とか、考え事とか

日々考えたことを書いています。

転売転売というけれど

御朱印帳がオークションに出品されてるのを見て神社側が苦言を呈した」

とうニュースを見ました

 

音楽業界もチケットの転売に対してアレコレと防止策をとっていますね

 

なにか世間的には「転売は悪!」といった雰囲気が漂っていますが

小売業って基本的には転売ですよね?

 

業者から安く仕入れてそれを高く売るのが基本です

その卸業者も当然、卸値よりもさらに安く仕入れています

 

買った金額よりも高く売るのが商売なのに

それを個人レベルでやるとどうしてここまで叩かれるんでしょう

 

どうも日本には「汗をかかずに儲けるのは許せない!」という風潮があるようです

 

最近はどこも売り上げが厳しいので、卸業者であっても「少ないロット数で」「個人に対して」販売するようになっています

おかげでネット上で個人が卸値のように安価で物が買えるようになりました

 

いい時代だ

 

誰でも購入できれば転売で儲けることができないので問題になることはありません

 

品切れ時にどうしても手に入れたければ転売品を購入することもありそうですが

それは時間をお金で買っているだけなので双方納得の上です

 

これも問題にはならないでしょう

 

問題なのは、それが限定商品や常に入荷待ちの人気商品でなかなか手に入らない場合です

 

こうなってくると転売屋さんの出動ですね

「需要に供給が追い付いていない」のを嗅ぎつけるとどこからともなく現れ、買えるだけ買って転売し利益を得ます

 

これに対して販売者がとやかく言う権利はありません

なぜなら需要に合わせて供給できない側に原因があるからです

 

例えば1個3000円の商品が人気で入荷と同時に短い時間で完売するとします

買いたくても買えない人が大量に発生するので「売ってくれ」という声が販売者に多く届きますが

お店側は「申し訳ありません、フル稼働で製造しているのですが追いつきません」と謝るばかりです

 

でも本当は、販売者が腹の底でほくそ笑んでるのを誰もが気づいています

作っただけ売れればロスはゼロ、儲かって仕方ない

 

「買いたいお客様の気持ちに付け込んで高額転売するのはお控えください」

などとメッセージを発したりもしますが、これは完全にポーズです

 

本当に防止したければ売価を1万円にすればいい

そうすれば即完売することもなくなって欲しい人全員が買えるようになります

 

1万円でも完売するなら2万円にすればいいし

本来なら需要に合わせて売価を設定すべきなんです

 

でもそんなことは絶対にしません

 

理由は2つあって

 

まず、先ほども書きましたがなぜか日本では楽をして儲けることを悪と捉える風潮があります

 

買いたい気持ちに付け込んで値上げするなんて許せない!

といった「的外れで幼稚な意見」がなぜかまかり通ってしまうんです

 

日本はいつから資本主義じゃなくなったんでしょうか・・

 

2つ目は「いつでも買えるようになったとたん売れなくなる」からです

 

今買っておかないと!という動機はその商品の強烈な魅力ですので

「それがなくなると途端に見向きもされなくなってしまう」と販売者は考えています

 

しかも完売しなければ売れ残りのロスが出ますから、売るための販促活動やロスを含めたうえでの生産数を「予測して管理する」という手間も増えます

なによりも完売しなければヒット商品ではなくなってしまう可能性がある

 

その結果、その商品は数あるほかの商品に埋もれて話題性がなくなってしまい

社長や製造部の責任者がメディアでチヤホヤされなくなってしまいます

 

実はこれが一番の原因なのかもしれません

 

ある商品がヒットするとそれをメディアが嗅ぎつけてアレコレ報道してくれるようになり、さらに人気に火がついて常に行列ができるようになります

 

この「行列」は販売者に対する評価が見える形になったものですから

長ければ長いほど売る側(現場ではなく管理者)は気持ちよくなります

 

そのせいで近隣から苦情が来たり列の整理にムダに人員が割かれても

それも致し方ない、と思えるほどに気持ちのいいものなんでしょう

 

それを手放したくないがために値上げを敢行しないのであれば

売れた商品が転売されようとそれを咎める権利はありません

 

ちなみに「製造数を増やせば?」という意見もあるかもしれませんが

すでに製造ラインがフル稼働!なので増やすなら新たにラインを増やすしかありません

 

でもそれには設備投資が必要なので運営の固定費を増やすことになります

固定費は売り上げに関わらず必要な経費ですので、それを増やすのはリスクが高い

 

ブームが去って販売数が激減したら製造ラインにも余裕ができてしまい

せっかく増設した投資が無駄になってしまうんですね

 

しかも製造キャパを増やして販売数を増やすこと自体がブームの終結を後押しする可能性まであります

「いつでも手に入ると価値が下がってしまう」からです

 

それなら「なかなか手に入らない」状態を放置しておくほうがよほどの良策ということになります

 

そんなこんなで今日もヒット商品に大行列ができるわけですが

「並んだだけで購入できるならそれを転売して儲けるか」と考える人間が出てくるのは当前のことですし、対策は「おひとり様〇個まで」ぐらいしかありません

 

それが自分の欲しい数に対して足りない人は、誰かを連れて一緒に並ばないといけなくなったり、購入してから列の最後尾に並びなおす必要が出てきます

 

そんな手間を考えれば「プラス2000円程度なら転売されているものを買おう」という気持ちになるのもムリはありません

 

転売商品にも需要がある!ってことですね

 

 

「人気を保つためにあえて安値で販売している」ということと

「安く仕入れて高く売るのが商売の基本である」ということを考えれば

 

高額転売問題の本質が見えてきます

 

まあもっともっと根本的な部分では

「本当にいいものよりも安いものや話題になっているものを購入する人が大多数」

という日本人の特性に行きつく気もしますが

 

長くなるんで今日はこのへんで

 

ではでは