音楽とか、考え事とか

日々考えたことを書いています。

音楽で泣いたことある?

音楽を聴いて涙を流すほど感動できるってのはすごく貴重な体験ですよね

「これに出会うために生きてきたんだ!」レベルで心に響きます

 

それも、いかにもお涙ちょうだい的なわかりやすい歌詞じゃなくって、曲の展開とか演奏そのものとか歌詞に含まれた深い意味とか・・

 

そういったモノのほうがより貴重だと思うんです

インストで泣くとかサイコーじゃないですか?

 

まあインストはまだ経験がないんだけど、the HIATUS の「紺碧の夜に」なんかはCメロ(であってるかな?)の演奏でいつもこみ上げてくるものがあります

 

きっとそういう感じ、歌詞で泣くよりも一段上っぽい!

ナミダニウエモシタモナインダケドネー

 

今までにライブで泣いてしまった曲が4曲あり、the HIATUS の「Souls feat. Jamie Blake」「Clone」、サカナクションの「ネプトゥーヌス」「さよならはエモーション」です

 

どれも「いかにもお涙ちょうだい」系じゃないのでちょっと安心しました

 

「Souls~」は突然こみ上げてきたのでよくわからなかったのですが、後で考えると「ずっと聴きたかった曲が聴けたから」なんですね

the HIATUSを好きになった時にはもうあまり演奏しなくなってて、それが初の武道館公演だからってことで演奏してくれて「やっと・・やっと聞けた・・・・」って感じ。

 

これは曲で泣いたというよりも焦がれていた気持ちからだと思います

遠距離恋愛中のカップルみたいなもんか。

 

いや、曲はすごくいいんですよ、メロディもハーモニーもすごく美しい

でも曲そのもので泣いたという感じではなく、他とはちょっと違うかもしれません

 

 

「ネプトゥーヌス」はもうね「やられた!」って感じです

 

今日のこと明日のことをアレコレ悩んで眠れない歌なんですけど、自分を責めたり、どうにか受け入れようとしたり、誰もが経験するであろう葛藤の曲です

 

心の中の誰にも言えない部分を刺激される感じで、暗い会場でこんな曲をダイレクトに届けられたら、そりゃ泣きますって。

 

 

「Clone」は最初に聴いた時はあまりピンと来なくて、でも聴いていくうちに好きになっっていったんですけど、英語だし歌詞をあまり深く見てなかったんです

でもライブ時のMCで「トラウマについて歌っている」と聞き、その瞬間にパン!って意識が切り替わったんです

 

クローンだから自分の中にある「客観的な自分」のことだと思ってたんだけど、それだけじゃなく心の傷のことも歌っていたんですね

 

そいつが心の中に居座っている歌なんです。

 

それが解った時に歌詞の

 

When I am confronting a fortress

 

にココロを打ち抜かれました

 

見えているのに気づいていなかった感覚で「ああ、そういうことだったのか・・」と涙があふれて止まりませんでした

 

それ以来、大好きな曲だというのは前に書きましたねー

 

rikutukoneo.hatenablog.com

 

 

「さよエモ」(通っぽく略したりして)、これもいいんですよねー

 

最後の合唱パートにつながるラストの大サビ(で合ってるかな?)

 

さよなら僕は夜を乗りこなす

ずっと涙こらえ

忘れてたこといつか思い出す

ずっと深い霧を抜け

 

ここですよ!もう涙がドワーって感じ。

 

どんなにつらい事でも乗り越えてやる!

モヤモヤした悩みも突き抜けて大事なものを取り戻してやる!!

 

という強い意志を感じるんです

 

このパートに入る直前のシンセの旋律もいいんだ、合唱パートは泣きながら大声で歌ってしまいます

 

どの曲もそこらのお涙ちょうだいソングとは、一線を画している素晴らしい曲たちだと思います

 

テンションが上がって長文になってしまいましたが、まあようするに「ライブ行って泣こーぜ!」ってこと

 

音源とは全く別の世界ですよ

 

ではでは