読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理屈こねおの理屈をこねるブログ

日々考えたことをこねくり回して書いています。

なぜアイツの話はつまらないのか

先日、友人と飲みに行ってきたのですが

その時の彼の話がかなりつまらなかったんです

 

最近の仕事の話とかこの間行ってきた旅行の話など

まあ飲みながらする話としては定番ですね

 

いつもそんな感じの話をしているはずだし

古くからの友人なので急につまらなくなったわけでもないはず

 

なのに「なんでかな?」と気になっていろいろと考えてみたんです

 

結論:脊椎反射のような話だったから

 

仕事の話は、残業が多くて帰るのが遅く平日は仕事しかしていないとか

次の人事異動がやばくて自分もどうなるかわからないなど

 

サラリーマンあるあるのような話なんですがそこに思考の形跡がないんです

 

晩は帰って飯食って寝るだけだから朝1時間早く起きることにした

人事異動は気にしても仕方ないからどこに行ってもやっていける人間になってやる

 

というような工夫とか覚悟みたいなものを全く感じないんです

刺激に対する反射しかしていない感じ

 

休みの日にやることがないとも言っていました

それって楽しい人生なんでしょうか・・

 

旅行の話もどこそこに行ってきて景色がすごかったとか

食べ物が旨かった地酒が旨かった温泉が気持ちよかったなど

 

これまた脊椎反射のような話ばかり

 

スゴく楽しかった!また行きたい!だけだと

「そうかーよかったね」で終わってしまいます

 

女性同士なら共感が大事らしいのでそれを得られて満足できるのかもしないけど

アラフォー男性同士はなかなかそうはいきません

 

もっと突っ込んだ話をしたいんです

 

旅行先での関西との文化の違いで気づいたこととか

それまでの思い込みを覆されたものがあったとか

 

そういうのが欲しい

 

そこからもっと掘り下げて全国における関西の位置づけの話に発展したり

人生の話につながったりするほうが何倍も楽しい

 

だって2時間以上話すんですよ

表面的な話じゃネタ切れになっちゃうでしょ

 

しかも脊椎反射人間は詳しく説明することが出来ないようで

どのように旨かったのか?と聞いても説明がよくわかりません

 

味なんて主観ですから何かに例えたりして具体的に説明しないと伝わりません

 

「○○というその地元でしか食べられない刺し身がスゴく旨かった!」

「ホント?どんな感じ??」

「うん、白身だけど旨味があってめちゃ旨かったよ」

「旨味って?」

「うまー!って感じ」

 

こんな説明じゃ「食べたい!」ってならないでしょ?

 

「○○という一般に流通してない白身魚の刺身なんだけど旨味が凄かった。」

「それってどんな感じ?」

「ヒラメのような食感なのに深いコクがあって今までにちょっと食べたことのないレベル。アレを食べるためだけにもう一度行ってもいいと思える」

「コクのある白身ってどんなの?何に似てる?」

「何にも似てない、初めて食べる旨さだった」

 

なんて言われたら気になりませんか?

 

こうやって詳しく説明しようと思うと記憶の分析が必要になりますし

どう言えば凄さが伝わるかってことも考えないといけません

 

アタマを使わないとおもしろい話って出来ないんですね

 

体験したことの上澄みだけすくって感想を述べてるうちは

たぶんおもしろい話は出来ません

 

すげえ!ヤバイ!レベルの話で終わってしまうんです

 

そうじゃなく聞いてる側を楽しませて欲しい

どう話せば相手を楽しませられるか?という視点を持って欲しい

 

相手が楽しんでくれるのが一番楽しいでしょ?

 

なぜつまらないのか?

考えてないからです

 

ではでは