音楽とか、考え事とか

日々考えたことを書いています。

the HIATUS の Bonfire を初めて聴いた時の衝撃は忘れない

※今日のエントリは、ただファンが大好きなバンドを褒めてるだけのものです

 

大好きなバンドが新譜を出したとき、いつも嬉しさと同時に不安を感じてしまいます

 

だって気に入らなかったら寂しいから

 

もしその新譜がピンとこなかった場合、その後にリリースする新譜やアルバムもピンと来ないことが多いように思います

だからって「初期のほうがよかった」なんていう古参ファンにはなりたくないし、自分をごまかして気に入ってるふりをするのも哀しすぎます

 

きっとそれはストライクゾーンから外れつつあるってことなんですよねー

 

誰も悪く無い、ただズレてしまっただけ

大好きだったものがそうではなくなっていく・・

 

小さな「あれ?」が「ちょっと違うかな」になって最後は「もいっかな」になる

使い込んだ愛用品を処分するのにも似ているのかもしれません

 

だから新譜を初めて聴くときは、いつもホントにドキドキするんです

 

こういったファンの微妙な気持ちを踏まえた上で・・

さあ!褒めましょう

 

ハイエイタスが2016年にリリースしたアルバム「Hands Of Gravity」のリリース前に、最初に公開された曲「Bonfire 」もそうやってドキドキしながらチェックしたんです

 


the HIATUS - Bonfire(Music Video)

 

あまりの衝撃に興奮が抑えきれませんでした

 

今までの曲とはまた全然違う感じでプログレ(で合ってるかな?)っぽい雰囲気

ピアノとドラムが複雑でリズム感のない僕には曲に合わせて揺れることも出来ません

 

「すげえな・・」と思わず口から漏れました

 また新しい世界に連れて行ってもらえるな、って思いました

 

ファンでよかった!と心底嬉しかったんです

 

 MVもワクワクする仕上がりです

 

暗いスタジオに丸くレールが敷いてあり、その内側で円形に向かい合い楽しそうに演奏するメンバー

天井の照明とレールの外に配置された複数のスポットライトが闇を照らし曲を盛り上げます

 

たぶん Bonfire(焚き火)のイメージなんでしょうね

 

スポットライトの演出も秀逸で、曲の最後に交差してから沈むとこなんてゾクゾクします

メンバーもリラックスしながらも緊張感があってホントに楽しそう、キーボードの一葉さんのイタズラっぽい笑顔がたまりません

 

ボーカルの細美さんも楽しそうに歌ってるし、ちょっと悪ぶってる感じのマサさんもいつも通り

 

クールにベースを弾くウエノさんも相変わらずかっこいいし、全身で複雑なリズムを刻むドラムの柏倉さんもすごい!

 

みんなホントカッコいい!

悪ガキがそのまま大きくなった「カッコいい大人たち」って感じです

 

新譜ってあんがい最初はピンとこなくて、何度も聞いていくうちに好きになっていくことが多いのですが、最初からここまで鷲掴みにされた曲はなかなかありません

 

しかも何度聴いても飽きることがない

 

それは今回の5thアルバムもそうで、一度聴きだすと沼にハマったように抜けられなくなります

 

ハイエイタス沼ですね

 

アルバムが出る度に新しい世界に連れて行ってもらえる、ホントに素敵なバンドです

チケットが争奪戦でライブを観るのも大変なのですが、これからも応援していこうと思います

 

そして自分の中の新しい扉をドンドン開けてもらおう!

 

ではでは