音楽とか、考え事とか

日々考えたことを書いています。

自分と向き合うとはどういうことか

「自分自身と向き合う」っていうとなんだか、鏡に映る自分をじっと見つめるのを思い浮かべるかもしれません

映画のワンシーンでもありそうですね、鏡に写る自分を睨みつけたあげくそれを殴る、みたいな

 

映画というより90年代のカラオケ映像かな?コテコテの三文芝居

実際はそんなことしてもただ自分に酔うだけです

 

 「向き合う」ってそんなキレイなもんじゃなくて、それまでの経験、記憶、感情なんかと向き合うってことで、もっともっとドロドロしたものです

 

思い出したくない情けない記憶とか、ずっと目を背けてきた恥ずかしい経験とか、忘れたフリをしていた幼少期の心の傷とか・・

そういったものをひとつひとつ直視して、客観的に分析するのが「向き合う」ということなんです

 

そのためには長い時間じっくりと思考する必要があるんだけど、最初は集中力が続かずに長続きしません

思考にもトレーニングが必要なんです

 

それでもめげずに思考できる時間を少しづつ長くしていくと、段々と記憶の深いところまで潜れるようになります

そしてその深い場所にあるヘドロのようなドロドロしたモノと対峙するんですね

 

これを続けていると段々「なぜ自分は今の自分になったのか?」という根っこの部分がおぼろげに見えてきます

そして「自分になった原因」を理解していくと、あるタイミングでパアッと視界がひらけます

 

そして肩の力が抜けます

 

その後はもう開き直るしかないですね

「自分なんだから仕方ない」って感じです

 

その状態まで行けると人生はかなり楽になります

「自分をそのまま受け入れる」ってことになるのかな

 

でもそこにたどり着くまでがになかなかシンドイので、すぐに面倒くさいふりをして逃げてしまいます

でもそれじゃ何も変わらない、うまくいかない原因の表面をすくってアレコレ対処しているに過ぎません

 

本当に解決したかったら横じゃなく縦方向に努力しないとダメなんです

 

ドロドロと向き合わなくても生きていけますけど、それじゃ本当の意味で自分の人生を生きてるとは言えません

だから歪んでしまうんです

 

際限なく誰かを甘やかしてしまったり・・

使い切れないような量の何かを買ってしまったり・・

気持ちに余裕がなくすぐに激高してしまったり・・

 

なぜそんなことをしてしまうのか?

その答えは自分の中にしかありません

 

面倒くさいふりをして逃げてないで一生懸命向き合いましょう

ものすごくシンドイ作業ですが、乗り越えてしまえば人生が楽しくりますよ

 

ではでは