音楽とか、考え事とか

日々考えたことを書いています。

自分と向き合うとはどういうことか

「自分自身と向き合う」っていうとなんだか

鏡に映る自分をじっと見つめるのを思い浮かべるかもしれません

 

映画のワンシーンでもありそうです

鏡に写る自分を睨みつけたあげくそれを殴る、みたいなね

 

映画っていうより90年代のカラオケの映像かな?

コテコテした三文芝居ですね

 

実際はそんなことしても雰囲気に浸って自分に酔うだけで

 「向き合う」ってもっとドロドロしたものだと思うんです

 

ココロの水面を覗きこむだけじゃ何もわかりません

思い切ってその水面に飛び込んで潜ってみることが必要なんです

 

最初は深くまで潜る集中力がないから少しの時間で気が散ってしまいます

 

それを何度も繰り返して少しづつ深く潜れるようになり深みに達すると

見えている世界が変わります

 

ココロの最深部に行くとヘドロのようなドロドロした感情とか記憶があって

それと真正面から向き合うことになります

 

そのドロドロしたものをすくい取って目をそらさずに見据えて

シッカリと分析するのが「向き合う」ことなんだと思います

 

見ていられないような情けない記憶とか

ずっと目を背けてきた恥ずかしい経験とか

自分でも気づいてなかった幼少期の心の傷とか

 

そういったものをひとつひとつ直視して客観的に分析してみるんです

 

そうすると現状の自分のダメな部分とか歪んだ性格とか

なぜそうなってしまったのか?っていう根っこの原因が見えてきます

 

あるタイミングで明確になってパアッと視界がひらけるんですね

 

でもそこまでいくのがなかなかしんどい

だから面倒くさいふりをして逃げてしまうんです

 

でもそれじゃ何も変わらない

 

ドロドロと向き合わなくても生きていけますけど

それじゃ本当に意味で自分の人生を生きてるとは言えないと思います

 

だから歪んでしまうんです

 

際限なく誰かを甘やかしてしまったり

使い切れないような量の何かを買ってしまったり

余裕がなくってすぐに激高してしまったり・・

 

なぜそんなことをしてしまうのか?

その答えは自分の中にしかありません

 

面倒くさいふりをして逃げてないで一度向き合いましょう

 

ものすごくシンドイ作業ですが

乗り越えてしまえばきっと人生が楽しくなるはずですよ

 

ではでは