読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理屈こねおの理屈をこねるブログ

日々考えたことをこねくり回して書いています。

自分と向き合うとはどういうことか

「自分自身と向き合う」っていうとなんだか

鏡に映る自分をじっと見つめるのを思い浮かべるかもしれません

 

映画のワンシーンでもありそうですよね

鏡に写る自分を睨みつけたあげくそれを殴る、みたいなね

 

映画っていうより90年代のカラオケの映像みたいかな、コテコテした三文芝居

そんなことしても雰囲気に浸って自分に酔うだけ

 

「向き合う」ってもっとドロドロしたものだと思うんです

 

ココロの水面を覗きこむだけじゃなくて飛び込んで潜ってみる

最初は深くまで潜る集中力がないけど繰り返して段々深みに達する

 

最深部に行くとヘドロのようなドロドロした感情とか記憶があって

それをすくい取ってシッカリと分析するのが「向き合う」ことなんだと思います

 

目を背けたいような情けない記憶とか

ずっと目を背けてきた恥ずかしい経験とか

自分でも気づいてなかった幼少期の心の傷とか

 

そういったものをひとつひとつ直視して客観的に分析してみる

 

そうすると今現在の自分のダメな部分の根っこの原因だったりとか

そんなのが明確になってパアッと視界がひらけることがあります

 

でもこれがなかなかしんどい

だから面倒くさいふりをして向きあおうとしない

 

向き合わなくても生きていけますけど

そういう人って歪んだ行動をとりがちです

 

際限なく誰かを甘やかしてしまったり

使い切れない量の何かを買ってしまったり

余裕がなくってすぐ機嫌が悪くなったり

 

なぜそんなことをしてしまうのか

その答えは自分の中にしかありません

 

面倒くさいふりをして逃げてないで一度向き合いましょう

きっと今より楽しくなるはずです

 

ではでは