音楽とか、考え事とか

日々考えたことを書いています。

感謝の気持ちは面と向かって伝える方がいい

先日お好み焼きを食べに行ったのですが

そのお店で気持のいい接客をしてもらいました

 

笑顔で接するのは客商売ならアタリマエなのですが

接客が柔らかかったんですよね

 

わかります?この柔らかい接客って

マニュアル通りなだけでなく自分で考えてる接客の事です

 

お冷を持ってきてくれた際に

「ご注文がお決まりになりましたらお呼びください」

って言われますよね

 

「あ、もう決まってるんです」って答えたんです

いつも行くチェーン店なのでメニューも把握してますしね

 

普通はそういう時は

「はい、ではお伺いします」

と答えます

 

これがマニュアル通りです

 

その店員さんは

「あ、助かります」

といってニッコリ笑った後

「ではお伺いしますね」

とおっしゃったんです

 

ちょっとしたことですけど

これってすごい差ですよね

 

お冷を出して一旦下がってまた注文を聞きに来るのは二度手間だから

同時にしてもらえるとスゴく助かります

 

ってことなんですけど、キチンと言葉で伝えてもらえると

こちらもちょっといいことをした気持ちになります

 

「店員さんの手間を省いてあげていいお客になれた」

って感じです

 

どの店員さんもテキパキ動いてて見ていて気持ちがいいし

他のテーブルでも柔らかい接客をしているのがなんとなく嬉しかったりしました

 

鉄板の温度も適切で食べてるうちにお好み焼きの底が焦げてくることもなかったし

(鉄板が熱すぎるお店が多い!)

終始、気持よく食事をすることができました

 

テーブルにお冷のボトルが置いてなくて(本来は各テーブルに置いてある)声をかけることもありましたけど

いい接客を受けてるとそんなマイナスは気にならないんですね

 

お会計の際に「お店の雰囲気がすごくいいですね」と伝えると

これまた気持ちのいい笑顔で喜んでくれました

 

いいサービスを受けた時は言葉で伝えることにしてるんです

 

自信を持ってサービスを提供しているわけですから

「ホントですか?そうでしょそうでしょ、えへへ~~」

と悦に浸る権利があると思うんです

 

笑顔で気持ちよく帰るだけでも喜んでいたことは伝わるでしょうが

「気持よかった」「快適に食事ができた」と伝えることでお店側の喜びは何倍にもなるはず

 

感謝を伝えた店員さんが別の店員さんと一緒に盛り上がって喜んでいるのが

お店を出た後、横目でなんとなく見えていました

 

それからたぶん全スタッフに伝わったんだと思いますので

その後の接客も閉店後の片付けや清掃も気持ちよくできたんじゃないかな

 

気持ちよく仕事ができるのは頑張ってるからで

頑張ってるから感謝の言葉がもらえたわけで

 

当然といえば当然なんですよね

 

これからも気持ちのいいサービスを受けた時は

キチンと言葉で伝えようって思いました

 

「雨が降ってきていますのでお気をつけてお帰りくださいね」

帰り際まで気持ちよかったな