読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理屈こねおの理屈をこねるブログ

日々考えたことをこねくり回して書いています。

なぜ人を殺してはいけないのか

当たり前のことなんですけど改めて「なぜ?」って聞かれたら

きちんと答えることが出来ますか?

 

僕はちょっと自信がありません

 

「法律でそう決まっているから」

だとあまりに情けないし

 

「悲しむ人がいるから」

だと、身寄りの無い老人とかホームレスはいいのか?ってことになるし

 

「そんなの当たり前だろ!」

じゃ感情論で誤魔化してるだけだし・・

 

考えて出たとりあえずの答えは

「社会を形成するうえでの大前提のルールだから」

って感じです

 

まだ簡潔な解に到達してない感覚がありますので

とりあえずの到達点的な答えってことで、ね

 

「僕は君を殺さないから君も僕を殺さないでくれ」

というのが集団を形成する上での最初のルールだと思うんです

 

これがないと常に身の危険を感じて警戒することになり

一人にならないと心が休まりません

また、子孫を残す上でもすごく効率が悪いと思うんです

 

だって近づいていくと殺されるかもしれないんですよ?

 

そんな世界じゃ文明なんて発展しないので

このルールを大前提としてやっていくんだと思います

 

ってことは「法律で決まってるから」ってのは正解ってことですね

 

でも「なぜ法律で決まっているのか?」という質問に答えられるようにしないと

やっぱカッコワルイと思います、ただの思考停止です

 

あと、「同種族を殺すのは自然界のタブーである」というのもあると思います

 

自然界で何かを殺すのは食べる場合が一般的でしょう

食べるために殺すのは自然の摂理です

 

でも同族で食べ合うのは種の存続において非常に効率が悪く

絶滅の危機に瀕してしまうのでご法度なんでしょう

 

同族はお互いに助けあいながら集団で行動して外敵から身を守り

狩りをして子を産み、みんなで育てていくのが効率的なんだと思います

 

だから食べるのは必ず別の種族にするのが自然界の掟なんでしょうね

(種が増えすぎたり食糧難の場合は別でしょうが)

 

 

まとめると「コミュニティを形成して社会生活を営むため」ってことで

「主の存続に効率的だから」ってのが答えになるのかな

 

種の目的は「存続と繁栄」ですからそのための手段として

「同族は殺してはならない」というルールが無意識化で定められている

 

こんなとこでしょうか

 

ちなみにこの同族というのは「他人」と同時に「自分自身」も含まれています

あちこちで自殺されると主の存続が危ぶまれますからね

 

「なぜ自殺してはいけないのか?」

これもまた明快に説明するのは難しそうです

 

そのへんはまた次の機会に

 

ではでは