音楽とか、考え事とか

日々考えたことを書いています。

自分の身を守るためにも飲酒運転はしてはいけない

飲酒運転は絶対ダメ!

 

ってわかってるのにウヨウヨいますよね

「ちょっとぐらいなら・・」「一杯だけだし・・」とか言ってる奴

 

どうかしてるとしか思えません

 

飲酒運転は判断力も視野も思考も身体能力もすべてが低下するので

事故を起こす恐れがあり自分が傷つくだけでなく、他人を巻き込んで傷つけたり最悪は命を奪ってしまう

 

だから飲んだら乗るな!

 

今さら言うまでもない、当たり前の理屈ですけど

それだけじゃなく自分の人生を守るためにもダメなんですよね

 

ひき逃げをする人って十中八九飲酒運転でしょ(もしくは薬物)

だって、普通に運転してたら逃げる理由がありません

 

過失の有無にかかわらず自分の運転する車に関係して怪我をしている人がいれば、助けるのが普通の感覚です

どうしていいかわからずにオロオロすることはあっても、見捨てて逃げるなんて人間のやることじゃありません

 

でも、飲んでる人は何よりその発覚を恐れて逃げてしまう

逃げることで追うリスクを瞬時に判断できないぐらい思考が鈍ってるってことなんですよね

 

逃げ切れませんよ

日本の警察をナメてはいけません

 

そんなバカな判断をしないためにも「飲んだら乗るな」なんですよね

 

どうしてもお酒を断れないのならタクシー呼ぶか電車で帰りましょう

お金と人生なんて天秤にかけるまでもありませんよ

 

ハッキリと断ることも出来ず飲んでしまい、お金をケチって飲酒運転をして、事故を起こして初めてことの重大さに気づき、怖くなって逃げる

 

終わってますよね

 

そんな人間にはならないように気をつけましょう