音楽とか、考え事とか

日々考えたことを書いています。

自分の世界に逃げこみがちな人は危険度が増しています、加速度的に

先日、歩道を歩いていると路地からワンボックスカーが出てきた時のこと

 

歩行者である僕がその路地を渡りかけていましたので

当然一旦停止して僕が通りすぎるのを待つと思ったのですが

 

瞬間的に「あ、コイツ止まる気ないな」という気配を感じて足を止めると

僕の鼻先をかすめてそのまま左折して道路に出ていきました

(ホントに僕の鼻から20センチぐらいの近さです)

 

僕のことは見えていないはずはないし(だと思いたい)

道路に出る際に車が来ていないか左右を確認しているわけですから

僕の存在を認識したうえで無視したんですね、このオッサン

 

その時に思ったんですが

もし僕がスマホに夢中の学生だったとしても無視したのか?ということです

 

もしそうなら接触事故になっていますよね

徐行してたので大した怪我はないと思いますけどそういう問題ではありません

 

ここ何年かでこういう身勝手で想像力のない人が増えたなってすごく感じています

 

全く後ろを見ずにバックしてくる車とか

スマホを見ながらフラフラしている自転車とか

 

一歩外に出ると危険がいっぱいです

 

こういう人って周りが上手く避けてくれているから事故を起こしていないことを

全く自覚していません

どういう頭の構造なのか不思議で仕方ないんですけど、怖くないんでしょうか

 

恐怖さえも想像できないほど乏しくなってんのかな?

でも、こういう人同士が出会ってしまうと簡単に事故につながりますよね

 

だって、どちらも危険回避行動をとってないし

 

しかも、さっきも書きましたけど、こういう人って明らかに増えていますよね

だから出会う確率もすごく上がってると思うんです

 

さらに高齢者の増加で周りに気を配れない人も増えているし

危険度が加速度的に増してるってことなんじゃないのかな

 

イヤホンを刺してスマホの画面を凝視してればどこでも簡単に自分の世界に逃げ込めますが

外部からの情報が遮断されるので危険を察知するのが遅れます、確実に

 

このことをよく理解しておいたほうがいいと思うんです

 

外の世界はどんどん危険になっています

自転車の死亡事故も増えていますし車の暴走事故も後を絶ちません

 

危険察知能力を鍛えて自分の身は自分で守りましょうね

 

ではでは