読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理屈こねおの理屈をこねるブログ

日々考えたことをこねくり回して書いています。

まず謝ろうよ

仕事でも生活でもそうですが「ヘマをしたらまず謝る」

コレが基本ですよね

 

そして社会人として仕事をしていくなら

それが自分のせいでなくても自社がお客さんに迷惑をかけたときは

その会社の人間としてキチンと謝る必要があります

 

まず謝ってから、その後になぜそうなったか説明をするのが

筋だと思うんです

 

でもこれ、出来ない人が多いですよねー

特に中高年が出来てないと哀しくなってしまいます

 

という実例が先日ありました

 

仕事柄、毎日宅配業者さんが荷物を持ってくるのですが

荷物がたまに遅れることがあるんです

 

先日も午前指定の荷物を14時頃に持ってきました

 

まあ、送り主が指定しただけで急ぎの荷物でもなかったので

どうってことなかったんですが

 

ドアから入ってきてまず第一声が

「すいません、到着が遅れてて・・」でした

 

その後に「こんな遅なってスンマヘンでした」と謝って

荷物の受け渡しとハンコを押したら

申し訳無さそうな顔で帰って行きました

 

たぶん50歳前後かな?疲れた顔のおじさんだったんですが

あまりに幼稚な対応に哀しくなってしまいました

 

まず最初の「すいません」は挨拶と同じで謝っているわけではありません

道を尋ねる時の「すみません」と同じようなものです

 

そのあとの「到着が遅れて」というのは

輸送ターミナルから自分のお店に到着するのが遅れた、という意味で

遅くなったのは自分のせいではない、と言っているんですよね

 

つまり「いやあ~、なんか遅くなりましたね~、オレのせいちゃうけど」

と言っているんです

 

入ってきて第一声がコレって・・

言い訳から始めるのって小学生レベルですよね

 

その後に遅くなったことを詫びているように振舞っていますが

「スンマヘン」というコテコテの関西弁を使うことで

自分のプライドを守っています

 

日常の会話では使わないコテコテの関西弁をあえて使うことで

謝っているのは「商売人として」であると自分自身に強調することで

プライドが傷つくのを回避しているんです

 

ホント、ダサい

 

でもこういう中高年って案外多いんですよねー

 

「すいません、遅くなりました!」と最初に一言謝ってくれれば

こんなにモヤモヤすることもないのにね

 

自分は気をつけよう!って思いました

 

ではでは