音楽とか、考え事とか

日々考えたことを書いています。

カップリング曲まで好きになると深く楽しめるようになる

サカナクションの大阪オリックス劇場のライブに行ってきたのですが

ホントに素晴らしかったです

 

やっぱホールは音がいいですね~

 

選曲も演出も相変わらず素晴らしくって

サカナワールドをしっかりと堪能してきました

 

特によかったのがライブ中盤の静かな曲が続くパートで

壁~years~ネプトゥーヌス~サヨナラはモーション、と続くのですが

 

最初の「壁」で泣いてしまいました

 

実は昨年の10月に(同じツアーの)大阪城ホールでの公演も参加しており

この流れは全く同じ選曲だったのですが

その時に「ネプトゥーヌス」にものすごく感動してしまい

「次にライブで聞いたら確実に泣くな」と思っていました

 

 んが、そこまでもちませんでしたね

 

それにしてもこのパート、とくに「壁」

会場を真っ暗にして演奏していたので音にものすごく集中できるんですよね

 

ディレイ(でいいのかな?)をふんだんにかけたイントロのギターが繰り返されてその音の振動を体中に浴びて、

何度目かの繰り返しのあとに曲が始まったらすぐに目頭が熱くなりました

 

いや~、ホント素晴らしい

泣けるぐらい感動できるってのも幸せな話ですよ

 

こういうカップリング曲やアルバム曲までしっかり楽しめると

そのアーティストを深く楽しんでいる気持ちになりますね

 

これぞ音楽、これぞライブって感じです

 

フェスで演奏するようなノリのいい曲だけを楽しんでるうちは

アイデンティティアルクアラウンド、Aoi、夜の踊り子などですね)

まだまだ浅いんだなって思いました

 

フェスでウェイウェイ言ってサークル作って楽しんでる若者たち

もっと深く楽しもうぜ

 

いや、まあ、みんな浅いところから始まるんで、それはそれでいいんですが

それだけで「ライブ楽しい!」ってなってるともったいないと思うんです

 

そうやって20代は音楽やライブを浅く楽しみ

30代は新しい音楽を取り入れることをやめてしまい

40代では音楽を聞くこと自体から離れてしまう

 

そうなるともったいないと思うんですよね

せっかくライブにまで足を運んでいるのにさ

 

20代後半~30代ぐらいは仕事も忙しくなるし

結婚とか子育てとかのイベントもあったりして

毎日に追われているうちにいろんなことを忘れがちになります

 

音楽って無くても行きていけるんですよね~

 

僕の周りにも音楽は聞かないっていう人がいます

車に乗ってる時はテレビをつけているんだとか

 

通勤の電車ではスマホでゲームをして

仕事を終えて家に帰るとテレビをつけっぱなし

運転をするときもテレビをつけるのなら

 

音楽を聞く時間はありませんね

 

そうやって音楽シーンから(大げさですが)離れてしまうと

いざ戻ろうと思っても知らない音楽ばかりでよくわからなかったりして

 

しかも年をとって頭も固くなってるし

わからん→もういいや、ってなっちゃうんでしょうね

 

なんかもったいないでしょ?

それに、こういう人って新しいことを拒絶しそうじゃないですか?

 

ああ、なんか人生観みたいな話になっちゃいましたが

上澄みだけをすくって浅く楽しんでるだけだと

いつの間にか忘れちゃうかもしれない、っていうことが言いたかったんです

 

生活は全てを飲み込もうとしますからね

ナメてはいけません

 

好きなら深く楽しんで、そうやって得た感動は何物にも代えがたいので

ずっと楽しんでいけるんじゃないのかな?

 

そういう「好きなもの」がたくさんあったほうが人生楽しそうでしょ?

 

ね!