音楽とか、考え事とか

日々考えたことを書いています。

なんの為にやっているのか?をハッキリと意識するべきです

僕がブログを書いている目的は「理屈をこねたいから」です

 

もちろん「主張を聞いて欲しい」ってのもあります

なかったらブログにして公開する必要ないですもんね

 

もちろん、沢山の人に読んで欲しい、PV数を稼いで自尊心を満たしたい、ってのもあります

でも欲求の根っこは「主張したい」コレに尽きます、頭のなかにある主張を文章で表現したいんです

 

PV数を稼ぎたい気持ちはありますが、それを目的にすると好きではないことを書くことになったりしますからね

だから今話題のニュースに乗っかって、あのカップルのことやあのグループのことを書いたりはしないんです

(描きたいテーマの具体例として使うことはあるかもしれません)

 

そもそもブログを始めたのも、欲求が溜まっている自分に気づいたのが発端なんです

なにかというとすぐ理屈をこねてしまい「また始まった・・」みたいな顔をされたり、相手が話し始めたのを遮るように自分の話を最後まで言い切ろうとしたり、そういうことが多くなってきた時に「これヤバイな」って思ったんです

 

それならブログという場で思いっきり理屈をこねてやろう!と思って始めたのがこのブログなんです

 

おかげで理屈っぽさも解消されるかと思いきや、案外そうでもありませんねー

理屈っぽいのはどうも性格みたいです

 

でも、相手の話を聞く余裕が出てきましたので効果はあったのかなって思ってます

よかったよかった

 

 

例えばブログでも「なんでやってるの?」って聞いた時にはっきりと目的を言える人って実は結構少ないんですよね

「なんとなく・・」とか「時間があったから・・」みたいな理由をよく聞くんだけど、これって本当の理由を濁してるだけなのでは?

 

なんとなく始めるんだったら、読書でもいいしアロマテラピーでもジムに通ってもいいのに、なぜブログなんでしょう

 

「なんとなく・・・」の先に消えている本当の理由を濁し続けていると自分をごまかすのがうまくなるだけです

目的をはっきりさせないと達成できなかった時でも「傷つかずに済んだような」気になれますからね

 

例えば

 

「自分は本来よりも低く評価されているということをブログのPV数を稼ぐことで証明したい」

「でもそれを声高にアピールするとうまく行かなかった時にプライドが傷ついてしまう」

「だから特に理由もなく始めたことにして予防線を張っておこう」

 

ってところでしょうか

 

こうして張っている予防線を認識しているうちはまだいいんですが、ずっと続けていくうちに自分自身でも本当の目的がわからなくなっていきます

いつのまにか予防線を張ることが目的になってたりするんです

 

まあ、「本当にわからなくなっている」わけではなく「わからなくなったフリをしている」だけなんですけどねー

 

自分を完全に騙しきれるほど人間は強くできてないんです、ごまかしきれるほど甘く無いですよ

以前に読んだ本にいい言葉が書いてありました(たしか有川浩さんのあとがきです)

 

「本気で取り組んだことのない人間は挫折することもできない」

 

 ではでは