音楽とか、考え事とか

日々考えたことを書いています。

甘やかすのは気持ちいい

甘やかされて育った人は未熟で自立していない人が多いように思います

大人としてどうなの?という人もよくいますよね

 

それがわかっているのになぜ甘やかしてしまうんでしょうか?

親が子を甘やかすという典型的なパターンで考えてみます

 

子供がカワイイから、喜ぶ顔が見たいから、傷つくと可哀想だから

「なぜ?」を突きつけたとしたら回答はこんなところでしょうか

 

でもこれは二次的な動機です

 

その根っこには「甘やかすのは気持ちいい」という感情があり

そこから目をそらすのはやめたほうがいいと思うんです

 

自分が気持いいからやっているんだ、という意識を持ってほしい

 

相手がどうこうじゃありません

 

必要とされたくて甘やかしてるんです

そうやって自尊心を満たすのがスゴく気持ちいいんです

 

気持ちいいことってやめられないでしょ?

 

これだけHIVの予防が叫ばれているのに

未だに日本では感染者が増え続けています

 

コンドームをつけないほうが気持ちいいからです

 

中毒になって体だけでなく生活までボロボロになっても

アルコールがやめられない人がいます

 

それだけ「酔う」という感覚が気持ちいいんです

(現実逃避が目的の場合もありますが)

 

ドラッグとかもそうですね

気持ちいいことっとホントやめられないんだなって思います

 

つい甘やかしてしまうのは仕方ないと思います、カワイイですもんね

でも厳しく躾るのをセットにしないとダメでしょ

 

甘やかすのは即効性で直ぐに反応してくれますが

躾けるのは遅効性ですのでその時は反発されたりします

 

すぐに感謝されたりしないんです

 

だからついつい甘やかしがちになるんですけど

ずっと後になってから感謝される方が気持よくないですか?

 

目の前の1万円よりも10年後の100万円を取ろうよって話です

だって子育てって投資でしょ?

 

それに子育ての目的って

「親が居なくても一人で生きていける子に育てる」

なんだと思います

 

わがままに育てて言うことを聞かなくなったり

非常識な行動をとるようになってから叱っても遅いと思うんです

 

叱ってもダメだと感情的に「怒る」ことになり

子供は反発して言い返したり無視したりします

 

だってさんざん甘やかされた子にしてみたら

「何をいまさら?」って思うでしょ?

 

今まで自由にさせてくれたのに「中学生になったから」とかそんな理由で

いきなりガミガミ言われても納得するはずがありません

 

そうなってから修正するのって大変だと思うんです

このへんが思春期特有の反発の原因じゃないかと思っています

 

「甘やかすのもほどほどに」

 

ではでは