音楽とか、考え事とか

日々考えたことを書いています。

ドラマやアニメのエセ関西弁について関西人はどう思っているか

「気持ち悪い」その一言につきます

 靴の中までずぶ濡れになったまま歩くようなそんな気持ち悪さ

 

よく「関西人はエセ関西弁が嫌い」と言われますが別に嫌いではありません

ただ、気持ち悪いだけ

 

「バカにされている」とまでは感じはしませんが

ニセモノ感が強すぎて背中がムズムズするんですよね

 

最近よく観ている高校野球のアニメがあるんですが

チームの一人がエセ関西弁でそれがものすごく気持ち悪いんです

 

せっかく面白いアニメなのにそれが残念でなりません

 

野球の強豪校で全国から生徒を集めているので

その多様性を表現したくて関西弁が一人紛れているんでしょう

 

って、他は?土佐弁とか博多弁とか、方言はもっとありますよね

そもそもなんで一人だけ?

 

方言が一人混じっているだけで多様性なんて全く感じませんし

むしろ一人しかいないことが余計に気持ち悪さを際立たせています

 

原作もそうなのかな?(読んでないんです)

 

その関西弁がものすごく不自然でどうしても耳についてしまいます

頑張ってるとは思うんですがネイティブからすると違和感アリアリなんです

 

どうにかならないのかな?

 

関西人の感覚で言うと

たとえ関西人という設定であっても不自然になるなら標準語のほうがずっとマシです

 

何年か前に阪神大震災時の再現ドラマで嵐の櫻井翔さんが新聞記者を演じていらっしゃいました

もちろん標準語のままで

 

関東から転勤してきたばかりという設定だったのかもしれませんが

関西弁に交じる標準語に全く違和感は無く物語に入り込んで観たのを覚えています

 

そう、エセ関西弁が混じる最大の欠点は「物語に入り込めないこと」なんです

不自然なイントネーションで現実に引き戻されてしまうんです

 

忙しい方なので負担を少なくするためだったのかもしれませんが

この選択は正しかったと思います

あれがエセ関西弁だとなにもかもぶち壊しだったでしょうね

 

ドラマでもよくありますよね

 

関西人設定の若い俳優さんが十分なトレーニングも受けずに演じていて違和感アリアリのやつ

ホントに気持ち悪いんでよっぽど物語が面白く無いと観るのをやめてしまいます

 

関西人という設定でも標準語で喋るという選択肢をどうして選ばないんでしょうね

手がけた作品にニセモノを混ぜるのが嫌じゃないんでしょうか?

 

前にも関西弁について書きましたが

 

rikutukoneo.hatenablog.com

 能力のある方が十分なトレーニングを受けてその都度修正しながら演じればかなりのレベルまで行けるんです

そこまでのコストが掛けられないのなら非関西人に関西弁を喋らせるのはもうやめませんか?

 

これたぶん関西弁だけじゃなくて土佐弁とか広島弁とかでもそうなんでしょうね

それぞれの地域をゾワゾワさせているんだと思います

 

違和感はその地域の人間にしかわかりませんからクオリティの低下は限定的です

関西人よりそれ以外のほうが視聴人口も圧倒的に多いでしょう

 

でも本場に笑われるニセモノを作って何が楽しいのかな?

 

この「一部の本物には笑われてもその他大勢には気づかれないからいいや」

って感覚がすごく嫌なんですよね

 

 

誰の意向が影響してこうなっているのかな?

 

①原作者が「このキャラは関西弁でないと絶対ダメ!」

②監督が「原作で関西弁だからそれで!」

③所属事務所が「新しい一面を見せたいからぜひ!」

④本人が「新たな経験なので頑張ります!」

 

このうちのどれ?

 

①なら仕方ないかも、②はこだわる場所が間違ってるし、③はマイナス効果しかないですよって言ってあげたい、④はプロ失格じゃないかな?

 

もしくはそれ以外の何かがあるんでしょうか

 

方言のイントネーションは本当に難しいみたいなので

必要なコストを掛けるのが無理ならニセモノづくりはもうやめてほしいです

 

作品の世界観を大事にするならまずは

不自然さをなくすことに尽力して欲しいと思います

 

ではでは