音楽とか、考え事とか

日々考えたことを書いています。

社会に出す前に学校でお金のことを教育しませんか、そろそろ

僕が学生だった頃、もう数十年前ですが学校でお金についてなにか教わったことは全くありませんでした

算数で「太郎くんが200円持ってお使いに行きました」とか「2500円の30%引きはいくらか?」みたいなのでやっと「お金」というワードを目にしたと記憶しています

 

今では少しは変わってるのかな?

っていうか変わってて欲しい

 

むしろ家でも学校でも「お金の話をする奴は卑しいやつ」みたいな雰囲気があって

「子供がお金の話をするな」みたいなことを親にも言われたことがあります

 

本当はそうやって子供がお金のことを聞いてきた時にこそ教育をするべきでしょ

「今日の晩飯は家族4人で4000円、高いと思う?安いと思う?」

なんてことを外食のたびに聞いてあげれば自然と金銭感覚も身につくと思うんですよね

 

でも食べながら合計金額を計算したりすると「子供が金の心配するな」と一蹴されて、何が悪いのかわからずしつこく続けると親の機嫌が悪くなったりました

別に親の稼ぎを心配しているわけではないのに、自分の稼ぎに自信がないとお金のことをタブー化してしまいがちなんです

 

ようは親のプライドの問題で教育が捻じ曲げられているんですよね、これ

 

そうやってお金について何の知識もないまま社会に放り出されるので金銭感覚が全く身についておらず

金銭感覚がないままに大きな買物をするシーンがやってきてしまいます

 

リボ払いで何かを買うと完済までどれぐらいの期間払い続けるのか、とか

年利2%で3000万円の35年ローンを組むと総支払額はいくらになるのか、とか

ローン支払いの月額は月収の何%に抑えるのがいいのか、などなど

 

生きていくうえで大事な「お金」に関することを全く知らないまま社会人としてやっていくことになります

 

そもそもお金に対してきちんと知識があればリボ払いで買うのがいかに危険かわかっているので

そんな支払形態は選ばないと思うんです

 

だって、いくら買っても毎月の支払額が1万円だったら「特に深く考えずに」いろいろ買っちゃいそうでしょ?

だからクレジットカード会社はやたらとリボ払いをすすめて来るんです

 

月に1万円でも支払いが5年にも及ぶと結構な額ですよ?

 

って、この時に「1万円ぐらいなら別に大したことない」と考える人は無意識に損をする人です

だって「その支払のうち購入金額がいくらで金利がいくらか」ちゃんと計算していないでしょ?

ここをキチンと計算したらアホらしくてリボ払いなんか選べません

(具体例を載せるのは面倒なので各自で計算してください~)

 

住宅ローンとかもよく「3000万のマンションを35年ローンで買ったよ、あはは、定年までローン地獄」なんて言ってる人がいますが

支払総額は3000万じゃないですよね?

いくらになるのか把握してますか?

 

支払い計画も住宅会社のセールスマンが言う「一般的に年収の○倍ぐらいまでが妥当とされています」なんて言葉をそのまま信じて決めていませんか?

販売する側はあくまでも「販売する側の都合の範疇」でアドバイスしてくれてるに過ぎません

 

本当にそれで妥当か真剣に考えましたか?

 

20年後の未来なんて誰も予測できないのに35年もローンを組むことに対して何も感じないその感覚が、僕はコワイと思っています

 

ボーナス払いのボーナスがカットされたらどうするの?

子会社に出向になって給料が半減したら支払っていけますか?

ご近所トラブルで住み続けるのが苦痛になったら?

 

もちろん悪いことをすべて想定すると家なんて購入できませんが、ある程度フットワークを軽くする努力はしてもいいと思うんですよね

 

ローンは10年以上は組まない、その範囲で買えるものしか買わない、とか

いつ売ることになってもいいように利便性を重視して物件を選ぶ、みたいにね

 

あ、ちょっとお金自体の話から離れちゃいましたね

 

ま、そういうことをせめて高校生ぐらいの段階で授業に取り入れて欲しいんですよね

そうやって「お金」に関しての最低限の教育をしてから社会に出すべきだと思います

 

今はサラリーマンの家庭が圧倒的に多く、子供の頃からお金に実際触れる機会が激減しています、給料も振り込みですからね

お金といえばお小遣いぐらいで「どうやって計画的に使うか」ぐらいしか学べないんです

 

さらにサラリーマンの親もやはりサラリーマンだったりして、親自身もお金に対する経験が少なく子供にキチンと教育することが出来なかったりします

 

そりゃそうですよね

 

会社で働く以外の稼ぎ方をしたことがないと、お金の向こう側にいるお客さんが実際はどういうものか学ぶ場がありません

営業さんが得意先でお金のやり取りをしたりしないでしょ?

だから経験といえばせいぜい学生時代のアルバイトぐらいになっちゃって、昔のこと過ぎて感覚を忘れちゃうんですよね

 

それにテレビのドラマは貧乏人向けに作られていますからお金持ちはいつも悪者で、知らず知らずにうちに「お金を稼ぐことがなにか後ろめたいもの」みたいに刷り込まれたりします

 

そうやってお金の知識もなく偏ったイメージにとらわれた状態で社会生活が始まると、お金の失敗をした時の損失額が大きくなりがちです

 

子供の頃なら500円落としただけで死活問題だったのが、社会人だと同じ衝撃をうけるのに何万円も必要になります

 

そこにつけ込んだのがリボ払いなんですよね、考えた人は天才でしょ

 

 

問題なのはつけ込まれるような未熟なままで社会に放り出すことだと思います

そこをなんとかしないと無計画に借金を増やす人はこれからもなくならないでしょう

 

自己破産とか過払い請求とかそういったものもモチロン必要ですけど

もっと手前で予防するほうが大事なんじゃねーの?

 

だって

 

弱者の救済は最終的にはいつも税金を使うんですからね