読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理屈こねおの理屈をこねるブログ

日々考えたことをこねくり回して書いています。

元プロ野球選手の雇用先にもいいかも

一昨日「プロ野球中継って解説を文字とか図で表示したらどうかな」っていう記事を書いたのですが

もっとよく考えたら「あまり実績の出せなかった元プロ野球選手」がその道のプロになって音声で解説してもいいんですよね

 

すでに書きましたが実績のある元プロ野球選手の解説は、全く鍛えていない喉でどう話せば効率よく伝わるかという視点もなく専門的な話をしています

だから言ってることが全く入ってこない、と書きました

 

ですが

 

大きな実績がなくてもプロ野球選手は子供の頃から野球をやってきて野球のことを知り尽くしていますよね?

その専門知識を駆使して「鍛えた喉」で「ユーザーの立場に立ったわかりやすい表現」で誰が聞いてもわかるように噛み砕いて解説すれば、ものすごくわかりやすくなると思うんです

 

そうすれば一昨日書いたみたいにテキストで表示しなくても、もしくはテキストで表示しながら同時に音声でも解説すれば「ダラダラして見える」ナイター中継ももっと楽しめそうです

 

大事なのはユーザーの視点に立つことですよね

 

「6-4-3のゲッツーです」なんて言われても素人は「?」でしょ?

 

数字はそのポジションの番号のことで6はショート、4はセカンド、3はファーストで

ショートーセカンドーファーストの順番でボールが移動して

セカンドとファーストでアウトを取ってダブルプレーになった

(ゲッツーはダブルプレーのことです)

 

っていう説明がないとわかる人にしかわかりませんよね?

そういった視点が欠けてると思うんです

 

プロ野球選手ってすごく実績を残した人でも40歳前後で引退しますし

もっと若くして引退を余儀なくされて第二の人生を歩む人も多いそうですね

 

監督やコーチなどの現場のポストや解説などは、よっぽどの実績を残さないと声がかかりませんから

多くはサラリーマンとして働くそうです

 

でもね

 

プロ野球選手になれたってことは野球が好きで才能もあって、学生時代や社会人である程度実績を残したからですよね

なれるだけでも大したもんだと思うんです

 

そんな「野球の世界で一握りのエリート」な人が30歳そこそこで転職して平社員からサラリーマンでやっていくのはどうにも不憫な気がします

高校野球の監督とか実業団のコーチ(これは雇用なのかな?)などのポストに就く人もいるんでしょうけど

どうかんがえても雇用先が足りていませんよね

 

子供の頃からの夢を叶えてプロ野球選手なっても、引退して就職すればただの「体力のある新人」です

その会社で自分よりも若い先輩にこき使われたりしているかと思うと、いたたまれなくなるんですよね

 

そういった人たちの「次に目指すポジション」としていいと思うんですよね、解説のプロフェッショナルって

 

きちんと教育を受けて喉を鍛えてアナウンサーのように通る声を造り

どう話せばきちんと伝わるか基礎から勉強して

限られた時間でどう解説するか何度も実践トレーニングを積めば

 

素人が見ててもわかりやすく楽しめる解説のプロになれると思うんですよね

 

そんなプロがナイター中継の最中に画面の端でストライクゾーンと配球の図を元に解説してくれれば

けっこう楽しそうじゃないですか?

 

それも人によって「キャッチャー目線」「監督目線」みたいに種類があれば

「あ、○○さんの解説なら見よう」みたいになりませんか?

 

今でもニュースを解説する番組って解説委員によってかなりバラつきがありますよね?

そういうのを普段から観ている人なら好みの解説委員がいたり、この人の時は早送り、みたいにしてるんじゃないの?

 

そうやって一定のファンが付けばそれでメシを食っていける人も出てくるはず

 

これって「サラリーマンとして第二の人生を送る」よりはよっぽど楽しいんじゃないのかなって思います

 

だって野球が好きならなるべく近いところで働きたいって思いますよね

それがかなわないからトラックの運転手になったりするんでしょ?

 

これだけ好みが細分化しているんですからCSでもいいですし

なんでしたらWEBでもいいと思うんですよ

 

そんなサイトを立ち上げても面白そうですよね

 

そのサイトを立ち上げながらナイター中継を見るといろんなことを事細かに解説してくれて「今何をやっているのか」がよくわかりすごく楽しめる

 

そんなのもあっていいと思うんですよね

 

でもこれって「何十年も野球だけやって来ました」みたいな人にはちょっと難しいかもしれません

 

引退する選手の就職を斡旋しているような人にぜひ頑張ってもらいたいですね

 

今はキャッチボールをしない子供が増えているそうで野球のプレイ人口が低年齢からじわじわ減っているそうですね

 

大きく見ればそういったことの抑制にもなるかも?

 

やってみる価値はあると思いますよー