読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理屈こねおの理屈をこねるブログ

日々考えたことをこねくり回して書いています。

プロ野球中継って解説を文字とか図で画面に表示したらどうかな

僕は野球に全く興味が無いのでナイター中継なんかを観ることはまずないのですが

先日タマタマおじゃましたお家でナイターをつけていたので十数年ぶりにテレビでナイターを観ました

 

いつの間にかカウント表示が変わってましたね

 

昔は上からSBO(S=ストライク、B=ボール、O=アウト)だったのが

上からBSOになっていました

 

なんで変わったのかな

 

ただそれ以外はこれといって変化は見られず、スピード感のない展開で淡々と進み、BGMは応援の演奏と掛け声、実況と解説は(安打を打つまでは)抑揚のない話し方で知識がないと言ってることがよくわからない

 

相変わらずわかる人間にしかわからない番組構成だなと、改めて思いました

 

そこでふと思ったのですが

 

野球のマンガとかアニメって結構面白いですよね?

古くはドカベンとかで、今はダイヤのAがアニメでやっていますね

(ナイターはプロ野球でアニメは高校野球、というのは今回は論点にしません)

 

もちろんアニメはそれぞれのキャラクターの成長とか葛藤とか挫折とかで感情移入するという

物語特有の楽しみ方をしてるんですけど

 

何話も続く試合のシーンでもかなり楽しめるように作ってますよね、マンガとかアニメって

ナイター中継とどこが違うのかな~とちょっと気になったんです

 

最大の違いは「今、何をやっているかがわかるように解説しながら試合が進む」という点です

 

バッテリー(ピッチャーとキャッチャーのことです)が何を考えて配球しているか、バッターの狙いやベンチの監督の意図とか、その試合におけるその場面の重要性など

 

試合全体におけるそれぞれの位置づけがわかるように物語を進めているんですね

 

それは解説する記者であったり、バッテリーの心の声であったり、分析しながら見ているライバルチームなんかの言動で説明されています

 

「このバッターを打たせると相手チームが勢いづく、ここで仕留めないと!」とか

「さっきのインハイ(内角高め)の影響で外角低めはまず手がでないだろう」とかって感じですね

 

そういうことを解説してくれるから観ている方は「今、何が起きているのか」を理解して楽しむことができるんですね

 

でもこれってアニメだけじゃなくってナイター中継に応用できませんかね?

 

それも喋ることが専門ではない解説の人(だいたいは実績を残した元プロ野球選手)が「わかってる人間の目線」で「野球を知っている人に向けて」拙く話すのではなく

 

野球を全く知らない素人でも状況がわかるように画面の何処かにテキストで文字を打っていけばいいと思うんですよ

 

画面を分割して右側3分の1ぐらいは文字とかグラフとかの解説に使ったらいーんじゃないの?

 

1球目からの配給をストライクゾーンを図にして印をつけて文字で解説していけば

見てる人もわかりやすいと思うんですよ

 

1球目は外角低めのストレートでボール、打つ気満々の打者にボール球から入って様子を見る、打者は見逃し

2球目は内角高めのカットボールでストライク、対角線に投げることで打者の目を慣れさせない、打者はまた見送り

3球目は低めのフォークでワンバウンドのボール球、打者は思わず手が出てストライクになる

ツーストライクワンボールでカウントに余裕があるバッテリーは1球ボール球で遊ぶか、決めに来るか?

(あくまで例です、知識がないのでテキトーに配球しています)

 

みたいな感じでリアルタイムで更新していけば次にどこにどんな玉を投げるのかワクワクしながら楽しめると思うんですよね

 

そうすればどういう意図で配球しているのかとか、バッターの狙いはどうなのかとかがわかって

 打たれたり三振になったりした理由がもっとわかりやすいと思うんです

「タイミングを外してバットの芯を外したから内野ゴロで仕留められた」みたいにね

 

それを、それぞれのチームの目線からの解説に切り替えられるようにして

 

画面1では守っている側からの解説でバッテリーの意図なんかを

画面2では攻めてる側からの解説で狙い球とかその打者の役割なんかを

 

説明すればいいと思うんです

 

そうすればどちらかのチームの目線になって試合を観ることが出来ますので、贔屓のチームなら応援に力が入りますし贔屓のチームがなくても観ているうちにファンになるかもしれません

 

デジタル放送なんだから出来そうでしょ?

 

これ、かなり高速なタイピングが必要になりますが生放送番組の字幕を打つ人がいるんですから何とかなりそうですよね

問題は野球の知識と高速タイピングを両方持っている人がいないことですが

これも需要があれば育ってくるでしょう

それまでは解説の人と高速タイピングの人がタッグを組んで頑張ればいいでしょ?

 

最初は大変だと思うんですけどやってみればなんとかなるんじゃないの?

と思っています

 

だいたい、ピッチャーの配球なんてよっぽどの知識がないと何をやっているのかわかりませんよね

だから投球のシーンはスピード感がなくダラダラして見えるんです

「ボール球で打ち気をそらす」「低めに丁寧に投げる」なんてのはわかってる人間でないと理解が出来ません

でも、大半の視聴者は「投げて打って捕る、ホームベースを踏んだら点が入る」ぐらいの知識しか持ってないんです(そう思ってサービスを考えるべきです)

 

それに解説の人の話を聞いていても言葉が全然入ってきません

そもそも話す訓練をした人ではなく、あくまで「野球で実績を残した人」ですから滑舌がいいわけでもないですし喉を鍛えているわけでも声が通るわけでもありません

 

聞くつもりで聞かないと情報が脳に入ってこないんですよね

 

話すことに関しては素人のおじさんが野球の専門家として意見を述べているだけなんで

そんなの素人が楽しめるハズないですよ

 

それでもかつてはナイター中継は好視聴率を誇っていました

それは単純に「他に娯楽がなかったから」にすぎません

 

今のように他にもたくさん娯楽があると別に野球でなくてもいいわけですから

視聴者を取り込むためにあれこれ工夫をしないといけないところが、どうもそうはなっていないなと思ったんですよ

 

「低迷しているのに変われない」ってやつですね

 

あ、これって、他にも同じ状況の分野が山のようにありますよね

ま、いーですけど

 

野球アニメのように丁寧な解説付きで試合を進めていけばもっと面白くなりますよ

そして解説はおじさんのシャベリでなく視覚に訴えかけるべきでしょう

 

そろそろナイター中継もバラエティ化していーんじゃないでしょうか?

 

そんなことを思いました