音楽とか、考え事とか

日々考えたことを書いています。

シティハンターという漫画

CITY HUNTERという漫画をご存知でしょうか?

 

1980年代後半~90年代前半に連載されていた漫画ですが、若い方なら名前ぐらいしか知らないかもしれませんね

(本当の若者は存在すら知らないかも)

 

エンジェル・ハートが実写化」というトピックをネットで発見して初めて知ったのですが、シティハンターの主人公「冴羽獠」はそのままで全く別のパラレルストーリーの「エンジェルハート」が現在連載されているそうです

 

パラレルワールドとはいえ今も連載されいてることにビックリしましたし、なんだか懐かしい気持ちにもなりました

 

僕はその当時、毎週少年ジャンプ読んでいたのでシティハンターの新連載第一話目からリアルタイムで知っています

その時の印象を思い出したのでちょっと書いて記録しておこうと思ったんです

(完全に自分にむけての記録用エントリです)

 

「新連載は巻頭カラーで」というのがジャンプの定番で、たしかシティ・ハンターもそうだったと記憶しています

その後人気が出てアニメ化されましたので、そちらで知ったという方のほうが多いのかもしれませんね

 

その方たちはきっとこういうイメージを持っているはず

 

・主人公の冴羽獠は新宿を拠点にボディガードのような仕事をしている

・凄腕だけど女性に節操がなく美人の依頼ばかり引き受けいつも「もっこり」している

※「もっこり」はこの漫画で広まりましたがパイオニアではありません

・相棒の槙村香は獠ことが好きだけど、素直になれずいつもヤキモチを焼いている

・美人の依頼人にメロメロの獠を香は大型ハンマーで追い掛け回し、そのドタバタがコメディタッチで描かれる

・とはいえ、獠はきちんと依頼をこなし美女を守ってすごくカッコイイ

 

こんなところでしょうか

 

アニメは日曜のお昼にも再放送されていましたので完全にファミリー向けの内容で、きな臭い仕事の話とはいえ基本的にはコメディでした

 

 「美女に鼻の下を伸ばしながらも凄腕でピンチを解決してハートをゲット!」

 

というパターン化されたエンタメで、時代劇とか2時間サスペンスみたいな「家族で楽しむもの」という位置づけだったと記憶しています

 

ところがですね

 

ジャンプで連載が始まった当初は全く違ったんですよ

なんせ第一話から主人公の冴羽獠が人を殺しています

 

そもそも「ボディガード」ではなく「街の掃除屋」で汚れた仕事も冷徹にこなす闇社会の人間なんです

 

たしか第一話の依頼人は美人の医者で末期がんで余命半年ほど、ボクサーだった恋人が卑怯な対戦相手に事故を装って怪我を負わされ、それが原因で選手生命を絶たれ失意のあまり自殺

その汚いやり方が許せないが警察の捜査が進むのを待つ時間が自分にはなく、報酬は自分が死んだあと生命保険で支払うから、そいつに罰を与えて欲しい

 

という感じだったはずです(概ね合ってるはず)

 

この依頼に対して裏を取った獠は日本タイトルマッチの試合中に、リング上のターゲットに向けて「貫通しない特別仕様の弾丸」を耳の穴に打ち込み殺害します

 

「華やかなリングでの無様な姿がお似合いだ」みたいな決め台詞があったはずです

 

当時小学生だった僕はものすごい衝撃を受けました

「大人のマンガが始まった」とドキドキしたことを覚えています

 

次の依頼は

 

何人もの少女を街中で拉致し殺害していた犯人を、致命傷にならない場所を選んでボウガンで何発も射抜いて追い詰め、恐怖心を与えた上で眉間に銃弾を打ち込んで殺害し、さらに死体もろとも辺りを爆発炎上させています

 

その次は

 

人身売買組織の拉致実行場所に相棒の槇村の妹(これが香です)をオトリで送り込み、

拉致されそうなところを助けた上で実行犯の男の眼球に銃弾を打ち込んで殺害しています

 

その次はたしか

 

日本進出をもくろむ麻薬密売組織からの依頼を断ったことで、報復として相棒の槇村を殺されてしまい(その後、香が相棒に)、その復讐のため密売組織の日本進出チームリーダー的な男を殺害して、チームを壊滅させています

 

ね、全然「ファミリー向けの話」じゃないでしょ?

 

 少年だった僕は夢中で読みました

ダーティーなマンガに大人の世界を垣間見ている気になっていたんだと思います

 

ところが

 

連載が進むに連れて明らかにテイストが変わってきました

相棒が殺されて妹の槙村香が相棒になったあたりからだったんじゃないかな?

 

今思えば、はがきアンケートの人気が芳しくなかったんでしょうね

 

アンケートで下位のマンガは打ち切りになるというのがジャンプの方針みたいですし、大人向けのマンガは時代的にちょっと早すぎたのかもしれません

 

そんなことがわからない当時の僕は本当に残念に思いました

コメディタッチのマンガにはドキドキしなかったんですよね

 

でも路線を変更したことで人気は回復どころか大爆発、アニメ化もされてお茶の間で人気になりましたので方向転換は正しかったのでしょう

 

でもやっぱり残念でした

あのままハードボイルドで続けてその先どうなったのかを読みたかった

 

その後ジャンプを買わなくなり、立ち読みなどで物語を追いかけていたのですが、いつしか全く読まなくなってしまい気づくと連載が終わっていました

 

なぜか最終回だけ呼んだ記憶があり「獠が香に告白するも噛んでしまい、照れ隠しに香りが激怒、また日常のドタバタに・・」みたいな感じでした

 

さっきwikiで調べたら突然打ち切りになっていたそうですね

でも僕の中ではコメディ路線に転換した時点で終わっていたんです

 

そんなことをふと思い出しました

 

エンジェル・ハートはどういうテイストなのか知らないのですが、青年誌で連載されているようなので思うように描けていらっしゃるといいですね

 

 ではでは