音楽とか、考え事とか

日々考えたことを書いています。

「○○について考えさせられました」っていう感想、やめませんか?

例えば戦争を題材にしたドキュメンタリーを見た後に感想を聞くと

「平和について考えさせられました」とかよく言ってしまいがちですよね

 

家族がテーマの映画を見た後は「家族について考えさせられました」

ヒューマンドラマだと「人生について~」難病だと「命について~」

 

ありがちでしょ?

 

んで、そう言っている人にもう一歩突っ込んで

「考えた結果どういう結論が出ましたか?」って聞くと

 

「え?ああ・・戦争は絶対ダメだなって・・・」とか

「人生ってホントいろいろなんだなって・・・」とか

 

大体そういうコメントが返ってきます

ようするに「何も考えてない」んですよね、これ

 

戦争はダメだとか、人生いろいろだとか、命が尊いものだとか

そんなことは当たり前のことでわかり切っています

 

今考えたんじゃなくって元々知ってたことでしょ?

 

もしそんな「わかりきったこと」に「映像を見るまで」本当に気づいていなかったとしたら

それはもう鈍感を通り越して、どうかしてますよ、きっと

 

違いますよね?

 

考えた気になってるだけだから言語化出来ないんですよね?

だってまだ何も考えていないから

 

 

中学生ぐらいがコメントしているんだったらまだわかるんですけど

結構な大人がそんな風に応えてるとかなり残念な気持ちになります

 

戦争がテーマの映像なら平和について考えるのは当たり前だし

難病がテーマなら命の尊さを考えざるをえないんです

 

大事なのはそれを見終わった後にどこまで突き詰めて考えるかです

 

改めて考える時間を作るかが大事で

なんらかの自分なりの結論に達するか、が大切なんです

 

重いテーマの映像を見ると、見ているだけでなにか考えてるような気になります

大事なことを伝えようとする本を読めばそれだけで思考を深めた気になります

 

でもね

 

見ている(読んでいる)間は情報を受け取っているだけで思考は全く深まっていませんよ

本当に思考が始まると内容がアタマに入ってこなくなるんです

 

思考が走りだす、という状態です

 

だからいい本を読むと思考が回りだして読むのを中断してしまい

なかなか進まないという状態になったりします

 

こういうのがホントにいい本なんだと思います

 

 

だからもし、まだあまり思考を深めていない段階でコメントを求められたら

「たくさん刺激を受けましたので今から時間をとってしっかり考えたいと思います」

ってコメントするとカッコよくねッスか?

 

そこでしっかり考えて何らかの結論に達してから言語化できるレベルまで落とし込みましょう

 

文章に書くのがオススメです

なんとなくボワーンと考えてるだけだと文章には出来ませんからね

 

そうやって思考を深めるとある部分まで到達して(ゴールではない)「自分なりの意見」をもつことが出来ますし

同じテーマの別の何かを目にした時にその「到達点」の位置から思考を始めることが出来ます

 

ゼロから考え始めるよりもずっと深まりそうですね

 

そうやって考えるたびに思考の出発点の位置が高くなっていけば

どんどん積み重なって「意見」が洗練されていくんですね

 

意見は常にアップデートするのが大事だと思います

 

これがクセになると周りの見え方がちょっと変わってきて

常に考えている人とそうでない人がクッキリ判別できるようになります

 

そして、そうでない人との会話が退屈で耐えられなくなっています

 

でもそれでいいんですよ

 

きっと、ね