音楽とか、考え事とか

日々考えたことを書いています。

ライブチケットを本来の価値よりも安く売るとはどういうことか?

大好きなロックバンドがいるんですが

そのバンドはライブのチケットをかなり安い金額で販売しています

 

ロック界ではカリスマのあの人がやっているあのバンド

そう、笑いながら歌いMCで暴言を吐くとても魅力的なあの人のことです

 

ロック好きの間ではかなり有名なバンドなのにチケットが相場よりもかなり安い(半値ぐらいです)

 

たぶんポリシーで経費をギリギリまで詰めて安価を実現しているんでしょう

それ自体は素晴らしいことですし相当努力もされているんだと思います

 

でもそれってホントにお客さんの方を向いていますか?

 

相場の半値で販売しているわけですから

良心的なバンドだ!安く売るのは素晴らしいことだ!

ということになるのですがコトはそう単純ではありません

 

欲しい人間が殺到して倍率が上がってしまい

ライブを見たくても見れない人間が大量に発生するからです

 

そりゃそうですよね?

 

通常5~6000円ぐらいで販売されるはずのライブチケットが2600円なら

「その金額なら一度見てみようかな」という人間が出てきます

 

6000円なら見ないけど2600円なら見てもいいか、という人々です

 

そういうにわかファンが大量にオーダーをかけると本気レベルのコアなファンがチケットを取れなくなります

ファンクラブでもあればいいんですけど残念ながらそのバンドには存在しない

 

ならどうするか、そう、転売チケットに法外な金額を出して買うことになるんですが

これってどうなの?っていうのが今日のお話です

 

価格が安いと新たにライブを見る人間が増えるのでファン全体の裾野は広がると思います

そうやって一度利用して、気に入ってもらって、コアユーザーになってもらうのが商売の基本ですよね

 

でも

 

その役割を担うのに今は「夏フェス」があるじゃないですか

 

邦楽のみのフェスなら安価なイベントもけっこうあって

一日券が6000円ぐらいで多数のバンドを見れたりします

 

そこでしっかり見てもらってワンマンライブに誘導すればいいんじゃないんでしょうか?

バンドにおける夏フェスの位置づけってそういう感じじゃないの?って思ってます

 

もちろんフェスには参加できない人もいるでしょう

炎天下がダメとか、土日はどうしても休めないとかね

 

でもそんな人は(ロック好きの中では)少数派のハズですから

その層になんらかのアプローチすることはあってもメインターゲットではないはずです

 

ライブ価格を低く設定する理由にはならないと思うんです

 

安価で販売するのは大多数に対する戦略であって

ニッチな層を狙うのならまた別のアプローチになるのがフツーでしょ?

 

それに安く売ると当たり前ですが儲けが少なくなるので活動自体が潤いません

メンバーもスタッフも安い賃金で労働するってことですからね

 

清貧っていう日本独特の美学には当てはまるのかもしれませんが才能を安売りするのはもったいないと思うんです

 

ま、何が言いたいかって言うと

 

「チケット代が1万円でも見に行くからもっと高く売ってくれ」ってことです

(2600円でも転売チケットはあっという間に1万円を超えてしまいます)

 

前にも書きましたが安く売って倍率を上げることは売る側の都合です

 

rikutukoneo.hatenablog.com

 

ホントにライブを見たいファンは「安くて助かる」といっても手に入らなければ意味が無いし

ヤフオクなんかで高額で落札しても出品者を儲けさせてるだけでバンドには定価分しかお金が回っていません

 

これがどうも納得いかないんですよ

 

「いくら払っても見に行く」という人間よりも「安いから見に行く」という人間に向けた価格設定ってどうなんでしょう?

 

もちろん戦略は売る側の自由なので僕がとやかくいうことではありませんが

やってる方も疲弊していくはずです

 

「好きでやってるから」だけではいずれ立ち行かなくなりそうなのがなにより怖い

そんな理由で活動休止や解散してほしくありません

 

なによりも定価の何倍もの値が付く商品は転売屋さんの格好のターゲットです

 

2600円で買ったチケットが10000円で売れたら7400円の儲けですよ

4枚も取れればこんな効率のいいバイトはありません

 

そこまで悪気がなくても「1人で行くけどオーダーは2枚にして余った1枚を売ってグッズ代に充てるか」って人、かなりいそう

 

友だちを誘うつもりだったけど見つからなかったから・・

と自分に言い訳するだけで遠征の新幹線代まで捻出できるかもしれません

 

こんなことがまかり通る価格設定であるということをよ~く考えて欲しいんです

 

「価格が高くて見に行けない」というのは本気度の低い人です

学生でもバイトをすればいいし部活動が忙しいなら親に泣きついたり祖父母に甘えることだってできるはず

お年玉だってありますよね?

 

本気で手に入れたいならあらゆる手段を考えます

(その機会を奪っているとも言えます)

 

日本はお子様の国ですからあらゆる面で甘やかされていますが

チケット価格まで甘やかすこともないと思うんですよねー

 

まあ、言いたいことは要するに

 

 

お願い!誰かチケット譲ってーーーー!!!