音楽とか、考え事とか

日々考えたことを書いています。

まずはゴールを設定してから頑張ろう、じゃないとジリ貧です

「やりたいことをやっているはずなのになんか楽しくない」なんてことがあったら

目指すべきゴールに向かってないのかもしれませんね

 

例えばやりたいことが「自分の店を持つ」だったら、お店を開店した時点でかなったことになりますね

 

ま、これは屁理屈ですけど

 

「自分の店を持つ」ってのは実際は「自分の店を持ち続ける」ってことで「店主という状態を維持する」ってことですよね?

でも、本当にそれがやりたいことなんですか?

 

「自分の店を持ってどういう生活がしたいか」ってのが大事だと思うんです

 

自分でお店を始めても半分の人は1年持ちません

見通しが甘すぎるからです

 

ある程度お客さんが来ることを想定して売上予測を立てたりしても

お客さんが一人も来ない日もあるんです

 

そんなの目を輝かせて計画を練っている時には想像しないでしょ?

 

倒産の危機を乗り越えても儲かるのはなかなか難しくって

たいていの店主はあくせく働いているのに全然ラクにならないという状態になっています

 

でもこれ、「自分の店」を持っているので夢は叶っていますよね

ってことは幸せを感じているのでしょうか?

 

こういう状態の店主に話を聞くと「全然儲かりませんね」と卑下して笑うか、「好きでやってますから・・」と仕方ない感を出すかの、どちらかが多いです

 

これ、幸せですか?

 

ま、本人が「幸せだ」と言い張るならそれでもいいんですけど

たぶんちょっと違いますよね

 

結論から言うと

 

しっかり儲けてほしい物を買ったり美味しいものを食べたりと楽しい生活を送るか

(その後に年収と労働時間のバランスをコントロールする)

そんなものは眼中にないぐらい没頭できるレベルの「好きな仕事」なのか

 

どっちかしかないんじゃねーの?って思います

 

自分でお店を始めるのならどっちを目指すのか明確に意識する必要があります

儲けないと楽しくないのか、儲けなくても楽しいのか、ってことです

 

目指すべきイメージが明確でそれに向かってやるべきことをこなすのなら

やりがいも感じるでしょうし卑屈に笑うような事にもなりません

 

「今はしんどいけど明日は今日より良くなってるはず」という気持ちで頑張れるからです

明日が今日より良くなる可能性があれば人は頑張れるんですね

 

でも、しっかり儲けていい暮らしをしたいのに生活が苦しいまま雑務に追われてたり

好きな仕事に没頭したいのに忙しすぎてクオリティにこだわる時間を取れなかったりするから

 

「なんか思ってたのと違うかも・・」ってなるんじゃないの?

 

お店だけじゃなくって自分で何かを始めるときには具体的にどうなりたいのかをしっかりとイメージしてから始めましょう

 

何時間ぐらい働いて年商をどれぐらい稼いで年収どれぐらいほしいのか

 

年収が2000万円でも毎日14時間労働で休みは年に数日じゃ、儲かっててもストレスが溜まるかもしれませんし

労働は毎日8時間程度で休みは月に6~8日ほど、夏と冬に1週間程度の休暇が取れれば年収は400万円でも満足かもしれませんよね

 

あとは、年商が大きくなると扱う金額が大きくなるのでそれがストレスになるかもしれませんし(逆にやりがいを感じることもありそう)

年に一回は2~3週間の休暇が取れないと我慢できないかもしれません

 

働き方の好みは人それぞれですからね

 

そうやって目指すべきゴールを最初に設定しておけば「何を頑張ればいのか」が明確に見えてきます

一時的に希望にそぐわない働き方をする必要はあっても長い目で見ると理想に近づいていけるはずです

 

 

今やっている仕事はやりがいを感じますか?

目指すべきゴールに向かっていますか?

 

よ~く考えてみましょうね