音楽とか、考え事とか

日々考えたことを書いています。

喋りたい欲求は文字を書いてノルマをこなそう

人は「一日これぐらいは話さないと精神的に不安定になる」

というノルマのようなものがあるそうで

 

ずっと以前に読んだ本では男性が2500語女性が4000語だったと思います

英語の文献でしたので単語の数です

 

やっぱり女性のほうが1.5倍以上多いんですね

なんとなく納得

 

ニュースキャスターなどが1分間に話す原稿の英単語は150ぐらいなので

女性の4000を時間にすると27分ぐらい

 

相手がいて聞き手に回ることも考えると1時間ほどの会話でノルマ達成です

あれ?もっと喋ってるようなイメージがある・・・

 

男性は2500÷150で17分ぐらいですから会話にすると30分程度

これぐらいなら日中の職場での会話でノルマを達成しており帰宅後あまり喋らない方がいるのも納得です

 

さて、このノルマですけど実は文字で書くことでも消化できます

LINEやSNSのテキスト形式のメディアが大流行するはずですね

 

さらにこれ、ブログを書くという一方向のタイピングでも結構消化できるんですよ

 

相手のいない(読者はいても返事があるか不確定な)ブログでも消化できるということは

会話というのは自分の思いを発信することが最大の目的であって

相手の話を聞くのはしょせん二の次ってことなんですね

 

周りにこんな人いませんか?

 

相手の話を遮ってまで自分のことを話し始めたり

「でもさ」っていう接続詞で話し始めてるのに全く関係のない話だったり・・

 

自分もそういう時があるかも?と思い当たる人は文章をガンガン書いてください

それだけで驚くほど満たされますよ

 

書いてみればわかりますが思いを文字にするのって難しい

ダーっと書いて後から読み返すと支離滅裂だったりすることもよくあります

 

そして文章を書くと書き手と読み手という2つの視点が手にはいります

 

自分の考えを文字にしながら

同時にそれを読んで客観的に分析することができるんですね

 

これがものすごく頭をクリアにしてくれます

 

「この書き方じゃ伝わらないな」とか「もっと突き詰める必要がある」ということに気づくようになるんです

そうすると文章力が自然と上がっていくし

「あ、やばい、この文章ぜんぜん面白くない」なんて愕然とすることもあるかも・・

 

そうやってノルマをこなしながら文章力を高めたり思考を深めたりできて

さらに読者が付けばダイレクトに反応が得られたり場合によってはオフ会なんかもできるかも

 

ブログってすげ~

 

喋りたいのにパートナーが話を聞いてくれないなんて悩んでいるなら

どんどん文字を書きましょう!

 

ココロに余裕ができますよ