音楽とか、考え事とか

日々考えたことを書いています。

好きなことは何よりも大事にするべきです。周りの評価や世間体なんか関係ありません。

好きなことをして時間を過ごすというのは至福の時間です

でもその「好きなこと」に自信が持てない人がいます

 

先日近しい人と話してるときに

彼女が実は読書が好きだという話になりました

 

漫画を読んでいるところしか見たことがなかったので

「読書って漫画のことでしょ?」と軽くからかうとムキになって否定してきます

 

「いや、普通の本も読むから!」ってな感じ

 

でもどうも信じられなかったので更にもうちょっと茶化してみたら

その彼女は「私、読書好きだよね~?」と周りに同意を求めだしたんです

 

この行動にものすごく違和感があったのでちょっと考えてみました

 

話を聞いてみるとかつては活字の本もけっこう読んでいたらしいのですが

ここ何年かは漫画しか読んでないんだそうです

(漫画が悪いと言ってるんじゃないですよ、僕も漫画は大好きです)

 

でもそんなの本人の勝手ですから他人にとやかく言われる筋合いはないですし

何か言われたとしても気にする必要もありません

 

なのにその子はムキになって読書好きをアピールしてきたうえに

信じてもらえないと周りに同意を求めて「好きであること」を証明しようとしました

 

これって自信の無さからくる行動だと思うんですよね

 

自分の生活スタイルに自信が持ててないから

漫画を読んでいる自分を後ろめたく思ってしまう

 

「私、今は漫画しか読んでないけど前は活字の本も読んでたよね?ね、知ってるでしょ?こいつに言ってやってよ」

こんな声が聞こえてきそうでした

 

漫画って昭和の頃は若者をダメにする「堕落した楽しみ」みたいに言われてましたけど

今はもう完全に市民権を得ていますよね

 

マンガ好きで何が悪い!ぐらいでもいいと思うんです

 

活字の本が上で漫画が下なんてこともありませんから

好きなのを読めばいいと思うんです

 

それでも世間の評価が気になるのならしっかりとお金を稼ぎましょう

そうすれば誰も非難しなくなりますし周りの目も気にならなくなります

 

世間体なんか気にせず好きなことに没頭できる人生がいいじゃないですか

 

もちろん漫画に限らずにね

 

ではでは