読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理屈こねおの理屈をこねるブログ

日々考えたことをこねくり回して書いています。

人生に迷った時は記憶の海に潜ろう

結果から原因を探るのが好きなんですが

自分自身のこともこの方法で考えることがあります

 

今の自分は過去の選択とか環境とかで作られた結果なので

なぜこうなったのかってことを考えるといろいろ腑に落ちることがあるんです

 

僕はこれを「記憶の海に潜る」と呼んでいます

 

例えば「自分はなぜ人見知りなのか?」なんてことも

それは生まれつきなのか?それとも何か原因があったのか?

 

と考えることはすごく大事だと思っています

 

こういった自分の嫌な部分の原因を考えるのは精神衛生上すごくいいことだと確信しています

客観的に分析することでちゃんと受け入れることができるからです

 

でも最初はなかなか集中力が続きません

 

すぐに集中力が途切れてしまって、ふと気づくといつの間にか「目に映ったこと」を考えてたりしてるんですよね

いわゆる気が散るってやつです

それだとなかなか深いところ(昔の記憶)まで潜れません

 

実際の潜水と同じかもしれませんね

 

深く潜れないと古い記憶までたどり着かないので、なかなか原因を探ることができないんです

覚えてないぐらい古い記憶が原因でないと潜る必要もないですからね

 

思春期ぐらいの何かが原因ならわざわざ潜らなくても

見て見ぬフリをしてることに目を向けるだけで済んじゃいます

ま、それに向き合うってのも大事なことなんですけど

 

慣れないうちはなかなか「考えること」に集中できないのですが

いい解決方法があります

それは「集中して考えることができる自分なりの環境を見つけること」です

 

どういう環境なら集中して考えることができるのか?

 

静かな場所がいいのか?ザワザワしてるほうが集中できるのか?

明るいほうがいいのか?暗い場所がいいのか?

座ってるのがいいのか?寝転ぶほうが落ち着いて考えられるのか?

 

などなど、考え事をしやすい環境を見つけるのが大事です

 

僕の場合は単純運動をするとドンドン集中力が高まっていきます

 

自転車に乗る、ウォーキングをする、水泳をする、などですね

玉ねぎをあめ色になるまで炒める、なんてのも結構いけました

 

身体が動いているのに頭を使う必要のない単純な動作だから

思考が深まるんだと思います

 

今では何もしなくても考え事ができるようになりましたが

やっぱり何か単純な動作をしているほうが深みにはまれる気がしています

 

そうやって深い深いところまで潜ることができると

忘れてた子供のころの記憶にアクセスできるんですよね

 

正確に言うと、ボワ~ンとしたイメージを思い出すことができて

それを推測できるようになるんですね

 

この間隔はこういう感情のイメージだから

その当時の環境を考えるときっとこういったことがあったハズ

 

って感じですね

 

そうやって仮説をいくつか立てながら進んでいくと色々と映像が浮かんできて

そのうちストンと腑に落ちるタイミングがやってきます

 

そうか!これか!!って感じです

これが自分にとっての正解なんだって、感覚的につかめる感じです

 

一気に視界が開けてスッキリとしますので脳内麻薬が出てるかもしれませんね

 

そうやって自分なりの正解が見つかると

自分の嫌な部分も客観的に見る事ができるようになります

 

「そうか、アレが原因でこういう自分ができたんだな~」

「嫌な部分だけど仕方ないし、うまく付き合っていくか~」

 

ってな感じです

そう思うだけでどれほど気持ちがラクになることか

 

人生は短いんです

ムリして欠点を直してる暇なんかありません

 

そんなことしてる時間があったら長所を伸ばすほうが

よっぽど有意義な時間の使い方です

 

欠点なんてうまく付き合っていければいいんですよ

そもそもカンタンに直らないからこそ「欠点」なんですし

 

うまく付き合って肩の力を抜いて行きましょうよ

自分を好きになれない人には特にお勧めの方法ですよ