音楽とか、考え事とか

日々考えたことを書いています。

非凡な才能がなくてよかった

僕のように秀でた才能がないその他大勢から見ると、非凡な才能で活躍している人がまぶしく見えます

でもその才能がある人たちを見ていると「才能が故の苦悩」があるように思えます

 

あくまで僕から見える範囲ですが、例えばサカナクションの山口一郎さん

 

ロックとクラブミュージックを融合させた音楽で日本ロック界を席巻中ですね

昨日も音楽フェス「メトロック大阪」でトリを飾っていました

 

例えば the HIATUSMONOEYESELLEGARDEN細美武士さん

ロキノン系のカリスマですね、彼の創るメロディはホントに美しい

 

サカナクションthe HIATUS が好きなのでよくライブを拝見するのですが、その際のMCを聞いていると基本的に苦悩している話ばかりです

自分の感覚と世間とのズレとか、自分自身の弱さ、無くしてしまった純粋さ、それらによって苦しんだ話をよくされています

 

お二人ともココロやカラダに深刻な影響が出ていた時期もあったようです

 

会社に入ってこき使われているわけでもないのに・・

自分で選んだ好きなことを仕事にしているはずなのに・・

 

どうして好きなようにできないんだろう?

 

才能って鉱脈のようなもので掘ってみないと、あるのかないのかはわかりません

だから普通の人は少し掘って見当たらないと簡単にあきらめてしまいます

 

「オレやっぱサイノーねえや」ってね

 

もしかしたらもっと掘れば見つかるかもしれませんが「見つけた!」っていう経験がないから信じて掘り進めることができないんです

成果がないのに長い間自分を信じ続けるのって相当シンドイんですね

 

でもそれでスパッとあきらめて別の道に進めるのはある意味幸せなのかもしれません

問題は(問題ではないけど)一度でも見つけた経験のある人です

 

才能があり、それを掘り起こして作品を作り周りに認められた経験が一度でもあると、その気持ちよさがクセになりますしもっと掘ればさらに素晴らしいものが出来ることが感覚的にわかっています

 

でも効率的な掘り方を知っているわけではないので間違った場所を掘ったり掘る道具を間違えたりして「あるのはわかってるのに掘り出し方がわからない」って感じでしょうか

 

しばらく掘って見つからなくてもそう簡単にはあきらめることはできないし、嫌になってあきらめたりするとそんな自分を許すことができません

 

才能という呪いにかかっているようです

 

自分に正直に生きようと思うともう掘るしかない、掘り出して世に出して認められて、次を期待されてまた掘って掘って・・

そうやって素晴らしいものができたからと言ってそれが売れるとは限りません

クオリティが高いのに理解されないものってたくさんあるんです

 

だからって大衆に受け入れられるような形で作品を作ってしまうと、自分をだんだんと許せなくなってしまいます

「そこまでして掘り当てたモノを歪ませてまで作品なんて作りたくない!」そうやって理想と現実のギャップに苦しむんですね

 

 

なかなかにシンドイ人生です、並みの精神力では壊れてしまいそう

これといった才能がないほうがゆるゆる過ごせて幸せなのかもしれません

 

才能=幸せ、とは限らないってことです

 

とはいっても才能で輝いてる人はやっぱカッコいいですし、掘り当てたときの感動は他には変えられない輝きがあるんだと思います

 

ぜひ負けずに頑張ってください

 

ではでは